カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

陣内が先月観た映画 2017年2月 あなた、その川を渡らないで 他16本

2017.08.31 Thursday

+++vol.003 2017年3月7日配信号+++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2 陣内が先月観た映画 2017年2月

新コーナー、「陣内が先月観た映画」(そのまま!)です。
タイトルそのまんまの企画で、
先月私がいろんなかたちで観た映画を、
一挙に紹介しちゃうというコーナー。

5本以上観た月だけの限定コーナーとなります。
先月はけっこう観たので、
けっこう紹介できます。

「おもしろそうだな」と思うやつがあったら、
それをレンタルして観てみる、とか、
あとこれを読んで、観たつもりになって、
誰かに知ったかぶりする(笑)などの
使い方をしていただければ幸いです。

「陣内が先週読んだ本」の
140文字ブリーフィングが好評なので、
映画評論も140文字で試みます。

時短は正義(!)ですから笑。

「読んだ本」コーナーと同じで、
140文字はあくまで「努力目標」です。

*どうしても「ネタバレ」要素をいくらか含みますので、
絶対にネタバレしたくない作品がありましたら、
器用に読み飛ばしてくだされば幸いです。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


●麦子さんと

鑑賞した日:2月2日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:吉田恵輔
主演:堀北真希、松田龍平
公開年・国:2013年(日本)
リンク:http://amzn.asia/buzIdf4

▼140文字映画評論:
特に何も残らない映画でした(笑)。
母子の葛藤を描いているのですが、感情移入出来る人物が登場しない。
堀北真希のアイドル映画としては鑑賞に堪えますので、
ファンにとっては貴重な映像資料になるでしょう。(97文字)




●プレシャス

鑑賞した日:2月5日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:リー・ダニエルズ
主演:ガボレイ・シディペ
公開年・国:2015年(アメリカ)
リンク:http://amzn.asia/gugkqod

▼140文字映画評論:
衝撃の作品でした。ニューヨークの貧困地区に住む黒人女性の話。
何から何までディープすぎて、心臓の弱い方は観ない方が良い。
悲劇すぎて主人公が離人症になりミュージカルが始まるところとかは、
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と同じです。
主人公はだから、黒人版ビョークと言えるかも知れない。
私は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」よりこちらが好きです。
マライア・キャリーがソーシャルワーカー役で登場しますが、
めちゃくちゃ演技上手でびっくりしました。(214文字)




●レッド・オクトーバーを追え!

鑑賞した日:2月4日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:ジョン・マクティアナン
主演:ショーン・コネリー
公開年・国:1990年(アメリカ)
リンク:http://amzn.asia/g5O7BbM

▼140文字映画評論:
米ソ冷戦時代の話です。ソ連の原子力潜水艦が、
艦長の単独判断でアメリカに亡命する、という筋立て。
マンガ「沈黙の艦隊」を思わせます。
ショーン・コネリーがとにかくカッコいい映画です。
あと、ロッキー4もそうですが、この時期のハリウッド映画は本当に、
アメリカVSソ連というモチーフが多い。(139文字)




●イミテーションゲーム

鑑賞した日:2月5日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:モルテン・ティルドゥム
主演:ベネディクト・カンバーバッチ
公開年・国:2014年(イギリス)
リンク:http://amzn.asia/4afybh2

▼140文字映画評論:
めちゃくちゃ面白いです。
「コンピュータの生みの親」といわれている、
アラン・チューリングの実話に基づく映画。
ご存じの方も多いかと思いますが、現在のコンピュータの原型は、
アラン・チューリングという天才数学者が作りましたが、
それはドイツの暗号「エニグマ」を解読する国策プロジェクトでした。
アラン・チューリングはゲイで、当時同性愛は犯罪だったので、
彼はそれを苦に自殺します。チューリングは生まれるのが早すぎた。
彼のつくったコンピュータで世界一の金儲をけする、
アップルのCEOティム・クックは、堂々とゲイをカミングアウトして、
幸せそうにしているのですから。(273文字)





●ドリームガールズ

鑑賞した日:2月7日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:ビル・コンドン
主演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ、エディ・マーフィ
公開年・国:2006年(アメリカ)
リンク:http://amzn.asia/2UjjTId

▼140文字映画評論:
デトロイトの小さな演芸小屋から発足した、
3人の名もなき歌姫が全米スターになるという、
サクセスストーリー。
ミュージカル要素と、出演者の歌の巧さがこの映画のキモです。
ストーリーを観る映画というより、音楽を楽しむ映画という感じ。
大好きでというほどでもないですが、嫌いではないです。
(137文字)




●7つの贈り物

鑑賞した日:2月6日 
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:ガブリエル・ムッチーノ
主演:ウィル・スミス
公開年・国:2009年(アメリカ)
リンク: http://amzn.asia/60FLbHm

▼140文字ブリーフィング
この映画の英語タイトルは「Seven Pounds」で、
シェークスピアのヴェニスの商人の「1ポンドの自分の肉」を、
借金の肩代わりにした、というエピソードがその由来です。
あと、ブラッド・ピットの「Seven」で有名になった、
「キリスト教の七つの大罪」の「裏」という意味も、
込められていると私は見ました。
つまり「七つの善行」ということです。
自らの命を賭して人を救う彼の行動はキリストの投影であり、
非キリスト教圏の文化には理解できない映画かも知れません。
その証拠にこの映画のAmazonレビュー(日本語)には、
どれも芯を食ったものがありませんでした。
あと、ウィル・スミスにしびれます。(288文字)






●オデッセイ

鑑賞した日:2月9日
鑑賞した方法:TSUTAYA DISCUSでDVDをレンタル

監督:リドリー・スコット
主演:マット・デイモン
公開年・国:2016年(アメリカ)
リンク:http://amzn.asia/dkX54ih

▼140文字映画評論:
ジャンルとしては近未来SF映画。
宇宙空間に人が取り残される、
「ゼロ・グラビティ」という名作がありますが、
筋書きとしてはそれに非常に近い。
火星探査機の調査隊員(マット・デイモン)が、
ひとりだけ火星に取り残される。
それを全世界が協力して救い出す、という話です。
隊員が植物学者だったため、
宇宙船に残された真空パックされた隊員たちの糞尿を飼料に、
火星でジャガイモを育てて生き延びようとしたり、
燃料の水素と酸素を反応させて水を作ったり、
そういうのを「自撮り」して記録するのですが、
作り手は明らかに「ユーチューバー」を意識していて、
その遊び心がとても面白かったです。
「火星でジャガイモを育ててみた」的な笑。
(297文字)






●イントゥ・ザ・ワイルド

鑑賞した日:2月11日
鑑賞した方法:TSUTAYA DISCUSでDVDをレンタル

監督:ショーン・ペン
主演:エミール・ハーシュ
公開年・国:2007年(アメリカ)
リンク:http://amzn.asia/5I2Caod

▼140文字映画評論:
優秀な成績で名門大学を卒業した22歳の青年、クリス・マッカンドレスは、
卒業後学資貯金の250万円を慈善団体に寄付し、忽然と姿を消した。
2年後の1992年、彼はアラスカの内陸部で餓死しているのを発見される。
この「空白の2年間」に何があったのか。
ヘンリー・ソローなどの「自然主義」に魅せられ、
「自然」のもつ危険な魔力の虜となってしまった青年の魂の足跡を追う。
この映画は一部でカルト的な人気があり、
AmazonでもDVDが10,000円以上で売買されています。
自然主義に興味がない人が見ても、アメリカの大自然がとにかく綺麗で、
見ていて飽きません。(270文字)






●ムーンライズ・キングダム

鑑賞した日:2月12日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:ウェス・アンダーソン
主演:エドワード・ノートン、ブルース・ウィリス
公開年・国:2012年(アメリカ)
リンク:http://amzn.asia/j8rAWbH

▼140文字映画評論:
単館上映されるような「オシャレ映画」です。
筋書きはなんてことはなく、小さな小さな島で、
問題少年と問題少女が夜間に逃避行をする。
それを島中の人が捜索し、、、という、
ハックルベリーフィン的なお話です。
これにブルース・ウィリスが出ているというのに驚きました。
色彩が非常に印象的に使われていて、
全編ミュージッククリップのようです。
(161文字)






●ファインディング・ドリー

鑑賞した日:2月15日
鑑賞した方法:TSUTAYA DISCUSでDVDをレンタル

監督:アンドリュー・スタントン
主演:エレン・デジェネレス(声)
公開年・国:2016年(アメリカ)
リンク: http://amzn.asia/9VXAcpU

▼140文字映画評論:
ファインディング・ニモは13年前に映画館で見ました。
その続編が「ドリー」です。「ニモ」も登場します。
ピクサー映画のすごいところは、ファンタジーの衣をまとっていながら、
じつは実社会のことを描いているところです。
トイ・ストーリーなら労働問題だし、
カーズなら老朽化するアメリカ農村部のインフラを描いている。
ニモとドリーの場合そこに描かれているのは「障害者問題」です。
障害を障害とみるのか個性や強みと見るのか、という話です。
ただ、今作はフィクションが行きすぎていて、
「魚の設定」を破壊してしまっていてついて行けませんでした笑。
(259文字)






●ウォールフラワー

鑑賞した日:2月20日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:スティーブン・チョブスキー
主演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン
公開年・国:2012年(アメリカ)
リンク: http://amzn.asia/d4CTaMs

▼140文字映画評論:
「ウォールフラワー」とは、壁に掛けられた花のごとく、
パーティなどで誰からも話しかけられない「透明人間」の比喩です。
「ウォールフラワー」だった主人公が、
二人の訳あり兄妹との出会いによって自己を発見していく物語。
登場人物たちは親子関係の大きなトラウマを抱えており、
それが最後に開示され、カタルシスを迎える瞬間とかは、
どこかマット・デイモンの名作、
「グッドウィル・ハンティング」を彷彿とさせます。
(195文字)





●世界にひとつのプレイブック

鑑賞した日:2月21日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:デヴィッド・O・ラッセル
主演:ブルース・コーエン、ドナ・ジグリオッティ
公開年・国:2012年(アメリカ)
リンク: http://amzn.asia/1PaWRQ1

▼140文字映画評論:
男性は妻を寝取られたことから鬱を患い双極性障害、
女性は夫を事故で失い職場の全員と寝るという破滅を選び鬱になった。
この二人が出会い、ダンスによって復活していきます。
病める者同士の相互扶助の物語。
嫌味やフィクション感がなく、不思議と自然に受け入れられる映画です。
(129文字)





●追憶と、踊りながら

鑑賞した日:2月22日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:ホン・カウ
主演:ベン・ウィショー
公開年・国:2014年(イギリス)
リンク: http://amzn.asia/9AgdjE5

▼140文字映画評論:
香港から英国に移住した母親と、
英語しか話せない20代になるその息子(ベン・ウィショー)の、
葛藤を描きます。息子は交通事故で死にますが、
子どもはゲイであることを母親に隠しており、
その「恋人」の男性が母親に息子の秘密を打ち明けます。
人間の内面を描く、非常に静かな映画です。
(134文字)






●そこのみにて光り輝く

鑑賞した日:2月23日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:呉美保
主演:綾野剛、池脇千鶴
公開年・国:2014(日本)
リンク: http://amzn.asia/gBAeR8Y

▼140文字映画評論:
函館の話です。
山を切り崩す発破の仕事をする主人公(綾野剛)は、
同僚の死によるトラウマを抱えており、
偶然出会った姉弟の姉(池脇千鶴)は、
売春で生計を立てています。
貧しさ、寂しさ、悲しさのごった煮のような作品で、
どこか昭和の文学作品のような趣があります。
池脇千鶴は「ジョゼと虎と魚たち」のときから好きな役者ですが、
この作品でもやはり、上手だと思いました。
(175文字)






●50/50

鑑賞した日:2月23日
鑑賞した方法:Amazonプライム特典でストリーミング鑑賞

監督:ジョナサン・レヴィン
主演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
公開年・国:2011(アメリカ)
リンク: http://amzn.asia/7LdrBaQ

▼140文字映画評論:
タイトルは、5年生存率50%、という意味です。
ラジオ局に勤める27歳のアダム(ジョゼフ・ゴードン)が、
脊椎癌と診断されるところから物語は始まります。
職場のお別れパーティや恋人や親友など、彼を取り巻く人は、
じっさい彼にどう接して良いか分からない、
その様子が非常にリアルです。
彼の病気をダシに女性をナンパしたりする親友のカイルの熱い友情を、
鑑賞者は終盤に知ることになりますが、そこはぐっと来ます。
ジョゼフ・ゴードンという役者が非常にさわやかで、
どこかディーン・フジオカとかARATAといった日本の俳優と似ていて、
めちゃくちゃナイスガイです。
あと、この映画は音楽が良いです。
重いテーマを重くなりすぎないようにうまく機能しています。
(312文字)







●あなた、その川を渡らないで

鑑賞した日:2月25日
鑑賞した方法:TSUTAYA DISCUSでDVDレンタル

監督:チン・モヨン
主演:チョ・ビンマン
公開年・国:2013年(韓国)
リンク: http://amzn.asia/aLdnnEd

▼140文字映画評論:
この映画は衝撃です。ブログにも書きましたが、
ある老夫婦の四季をただただ撮る、という映画。
最後に夫が亡くなりますが、そこも撮る。
ドキュメンタリー映画で、とことんリアルなのに、
どこか絵本を読んでいるような感覚を与える。
話としてはとても哀しい話なのに、
不思議と心温まる。そういう映画です。
(141文字)

*参照ブログ記事↓
http://ameblo.jp/shunjinnai-kingdomcome/entry-12251299991.html







↓記事に関するご意見・ご感想・ご質問はこちらからお願いします↓

https://www.secure-cloud.jp/sf/1484051839NyovBkYI


このブログでは過去6ヶ月前の記事を紹介しています。
もっとも新しい記事が直接メールボックスに届く
無料メルマガに登録するにはこちらから↓↓


http://karashi.net/carrier/catalyst/jinnai/mailmag.html

この記事のトラックバックURL
トラックバック