カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

引っ越しが終わりました。

2017.09.07 Thursday

+++vol.004 2017年3月14日配信号+++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 今週の「ブログでは言えないこと」
引っ越しが終わりました。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

▼▼▼新しいキッチン▼▼▼

メルマガ読者の皆様、こんにちは。
やっと、引っ越しが終わりました。

先週の水曜日(3月8日)に、
業者の方が来てくれて荷物の移動がすべて終わり、
9日(木曜日)に荷ほどきと家具の配置を、
10日(金曜日)に旧住居の掃除と退去立ち会い、
11日(土曜日)に荷ほどきの残りを終えました。
段ボールはすべてほどき終わり、引っ越しの作業は9割方終わった、
という感じです。

今日(日曜日)は、午前中に教会の礼拝に出席し、
午後は新しいキッチンでカレーライスを作りました。

とりあえず何か作業をすることで、
新しいキッチンの「導線」というか、
手の動き方に慣れるというのをやっておかないと、
なんだか心が落ち着かないのです。

ガスコンロの火力から、シンクの形状、大きさ、
水の出方、包丁の場所、ピーラー、トング、鍋、ボウル、
調味料、フライパン、そういったものの位置関係が、
すべて変化するわけですから、それを把握したい。
私は料理好きなので、キッチンは「私の延長」です。
F1ドライバーにとってマシンが身体の延長、
フォークリフト運転手にとってリフト車が腕の延長であるように、
キッチンは私の身体の延長です。

なので把握したい。

ターミネーターが雨の日に裸で未来から現れたとき、
手を握ったり、いろんなものを見たり、歩いたり走ったりして、
とりあえず「サイボーグの身体のチェック」をしたように。

、、、というわけで、
今夜は、我が家は、カレーです。
誰も興味ないと思いますが笑。



▼▼▼読書しない日々、パソコンを触らない日々▼▼▼

、、、で、キッチンは「趣味」の身体の延長ですが、
私の仕事の身体の延長は、間違いなくパソコンなのです。

わりかし「知識集約的な」仕事をしていますので、
何かを考えたり学んだり発信したり作業したりすることの、
ほとんどはパソコンを介して行うことになります。

、、、で、この4日間ぐらい、
パソコンはほとんどさわりませんでした。
つまり仕事はしていない笑。

まぁ、そんなときもあります。
こういうときは自由な業態で良かったなぁ、と思います。
引っ越し業者も週末でないのでとても安かったし。
引っ越し作業を一気に終わらせられるし。
私と妻は得意な作業と苦手な作業が、
丁度補い合うように巧く出来ていて、
チームワークは抜群です。

おじいさんとおばあさんが華麗なコンビネーションで、
餅をついてはこねるという映像がありますが、
私たちの引っ越し作業はまさにそんな感じでした。

はかどるはかどる笑。
最後はハイタッチして終わり。

、、、というわけでパソコンを久しぶりにさわっています。

あと、かなり久しぶりのことですが、
水曜日以降、まる4日間ぐらい、
本をまったく読みませんでした。

なので、今号の「陣内が先週読んだ本」は、
ボリューム少なめです。

今週もなんだかいろいろ出かけたりしますので、
おそらく次週も、少なめになりそうです。
どうかご容赦を。



▼▼▼東伏見という地名▼▼▼

新しい住居は、これまで住んでいた練馬区の住居から、
直線距離で7キロメートルほどしか離れておらず、
行こうと思えば自転車でも行ける距離です。

最寄り駅は「東伏見」という、
西武新宿線の駅ですが、
これが超絶マイナーな駅で、
首都圏在住の人でもマジで誰も知らない(笑)。

「最寄り駅が東伏見」と人に伝えると、
「東伏見、、、、」と、遠い目をし、
視線が空中を彷徨います。

ちょうど、80代ぐらいのおばあちゃんに、
外人プロレスラーの名前を伝えたときみたいに。

「タイガー・ジェット・シン、、、」
とおばあちゃんが虚空を眺めるときと、
「東伏見、、、」
と都内の人が言うときの目はだいたい同じです。

ピンと来てねぇぇ、、、!
ピント、合ってねぇ、、、!

かくいう私も、東伏見なんていう地名は、
1年前には口にしたことすらなかったわけですから、
「ピンと来てなさ」では同じだったのですが。

伏見という京都の地名はしかし、
「メジャー」と言って良いでしょう。
京都市に伏見区という行政区がありまして、
秀吉が開いた歴史ある城下町です。

「東」伏見という地名の元ネタは京都にあります。

東京というのは、日本の歴史全体からしますと、
江戸以降に突然開発が進んだ「新興地域」である、
というのがこういう地名からもよく分かります。

「東大和」とか「東村山」とか「東久留米」とかも、
それぞれ西にもともとあった地名の
「東」バージョンね、っていうことです。
ちなみに北海道にもこの手の名付け方をした地名は、
数多くあります。

、、、何が言いたいかと言いますと、
つまり東京というのは、
イギリスに対するアメリカなわけです。

アメリカ東部のいくつかの州を合わせて、
「ニュー・イングランド」と呼びますがあれは、
欧州から新大陸に入植したイギリス人が、
「ここは新しい(ニュー)イギリス(イングランド)」だ、
と宣言したことでそういう地名になりました。

「ニューヨーク」もそうです。

イギリス北部に「ヨーク」という地方があり、
そこは「ヨークシャー」という豚の原産地で有名です。
入植者たちがマンハッタン島あたりに来たときに、
「新しいヨークだ」と言ったのが、
ニューヨークの語源です。

ニュージャージー州もそうです。
イギリスにジャージーという諸島があり、
それを入植者たちがつけたのです。
ジャージーというのはちなみに、
ジャージー牛の原産地です。

そもそもの話ですが、
「東京」からして、
「東の京都」ですからね。

なので、数学的に現しますと、
「東京」:「京都」(相似記号)「東伏見」:「伏見」
となります。

「ニューイングランド」:「イングランド」
(相似記号)「ニューヨーク」:「ヨーク」
も同じ事ですね。

、、、地名の話を長々としてしまいましたが、
私は東伏見というマイナーな駅が最寄り駅の、
西東京市内に住むことになりました。

「陣内俊を支える会」の会員で、
紙媒体のプレヤーレターをお送りしている方には、
新しい住所をお伝えします。
(PDF版では個人情報になるため掲載は控えさせていただきます)

お近くに来た際にはお立ち寄りください。
私が美味しいカレーを振る舞うかもしれません。



▼▼▼拡大版Q&Aコーナー▼▼▼

さて、やや無駄話が長くなってしまいましたが、
今週は「拡大版Q&A」です。

先週はメルマガ執筆に割ける時間がなく、
そもそも腰を落ち着けて執筆する机もありませんでしたので、
ギリギリになって原稿を書いているような状況ですが、
私がメルマガでいちばんやりたかった(やりたい)コーナーがこの、
Q&Aコーナーです。

このメルマガが目指すところは、
「読むと聞こえてくる親密な会話」ですから、
「対話」が生まれるこのコーナーは大切です。

読者の皆様、
どうぞ、どんどん質問をお寄せください。
時々真面目に、時々ふざけながら(笑)、
質問にお答えしていきますので、
お楽しみに。






↓記事に関するご意見・ご感想・ご質問はこちらからお願いします↓

https://www.secure-cloud.jp/sf/1484051839NyovBkYI


このブログでは過去6ヶ月前の記事を紹介しています。
もっとも新しい記事が直接メールボックスに届く
無料メルマガに登録するにはこちらから↓↓


http://karashi.net/carrier/catalyst/jinnai/mailmag.html

この記事のトラックバックURL
トラックバック