カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

陣内が先週読んだ本 2017年8月第四週 『カモメのジョナサン 完全版』リチャード・バック 他5冊

2018.02.15 Thursday

+++vol.027 2017年8月29日配信号+++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4 陣内が先週読んだ本 
期間:2017年8月第四週 8月20日〜26日
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先週私が読んだ本(読み終わった本)を紹介していきます。
一週間に一冊も本を読まない、
ということは、病気で文字が読めなかった数ヶ月を除くと、
ここ数年あまり記憶にないですから、
このコーナーは、当メルマガの
レギュラーコーナー的にしていきたいと思っています。
何も読まなかった、という週は、、、
まぁ、そのとき考えます笑。

ただ紹介するのも面白みがないので、
twitterに準じて、
140文字で「ブリーフィング」します。
「超要約」ですね。
(どうしても140字を超えちゃうこともあります。
 140文字はあくまで「努力目標」と捉えてください笑。)

忙しい皆さんになり代わって、
私が読んだ本の内容を圧縮して紹介できればと思います。
ここで紹介した本や著者、テーマなどについて、
Q&Aコーナーにて質問くださったりしたら、
とても嬉しいです。


●「ポスト真実」の時代

読了した日:2017年8月24日
読んだ方法: 図書館で借りる

著者: 津田大介×日比嘉高
出版年:2017年
出版社: 祥伝社

リンク: http://amzn.asia/7K1geXU

▼140文字ブリーフィング:
本書の冒頭にオックスフォード英語辞典の
「ポスト真実」という言葉の定義が、
書かれているので引用します。

→P14 
〈”世論を形成する際に、客観的な事実よりも、
むしろ感情や個人的信条へのアピールの方が
より影響力があるような状況”
について言及したり現したりする形容詞〉

「トム・ソーヤ」の作者で知られるマーク・トウェインの名言に、
「真実が靴を履いている間に、嘘は世界を半周する。」
というのがありますが、まさにそれが露骨な形で実現しているのが、
現代世界の状況です。
SNSによって人々がニュースを得るようになったことは、
この状況と大いに関係があります。
調査によると、友達がシェアしたニュースサイトを、
「シェア」する人の59パーセントは、
なんとそのニュースの本文をまったく読んでいないそうです。
「マスゴミ」批判をして「伝統的メディアは嘘だらけ」、
と言っている人のほとんどは、
そもそも、新聞を読んでおらず「伝統的メディア」を、
読解する力すら持っていません。
「ネットにこそ真実がある」、みたいな言説から距離をおき、
まずは「公開情報を読み解く力」をつけることが大切です。
(456文字)



●暴力の人類史(下)

読了した日:2017年8月24日
読んだ方法:図書館で借りる

著者:スティーブン・ピンカー
出版年:2015年
出版社:青土社

リンク: http://amzn.asia/0zOnvy9

▼140文字ブリーフィング:

上下巻で1,200ページを超える大作でした。
久しぶりに読後に心地よい虚脱感を覚える本でした。
この大作が言っていることはたったひとつで、
「多くの人々が思い込んでいるのとは逆に、
 人類史を通して『暴力』は一貫して減り続けている」
という主張です。
「主張」を「実証」に変えるのがデータと議論なわけですが、
まさに「骨太の議論」が1,000ページ以上展開されるわけです。
ここに要約することは不可能ですが、
リヴァイアサン(法治国家)、
権利革命、通商とグローバル化、啓蒙革命といった要素が、
複雑に絡み合って「暴力を減らしてきた」というのが著者の主張であり、
非常に説得力がありました。
(279文字)



●カモメのジョナサン 完成版

読了した日:2017年8月24日
読んだ方法:図書館で借りる

著者:リチャード・バック
出版年:2014年(英語初版1970年)
出版社:新潮文庫

リンク: http://amzn.asia/9OLaxz8

▼140文字ブリーフィング:

有名な本ですが今まで読んだことのなかった本です。
面白すぎて図書館に返した後、
自腹で本を購入しました。
2014年に著者が「40年のときを経て」、
第四章を公開した「完全版」です。

第一章から第三章までは、カモメのジョナサンが、
「飛行の高みを目指した結果俗世間を解脱して、
 高みの境地に達する」という話しです。
ドラゴンボールでいう「スーパーサイヤ人」みたいになります。
で、ジョナサンは、ソクラテスが処刑されたのと同じ理由で、
社会の不満分子と見なされカモメ社会から波紋されます。
群れを離れたジョナサンが彼を慕う「フレッチャー」という弟子に、
自分の教えを受け渡すところで、第三章は終わります。

善い物語は複数の解釈が可能ですが、
ひとつのあり得べき解釈、
というかおそらく著者の頭にもあったのは、
ジョナサン=キリスト
フレッチャー=弟子(ペテロやパウロ)という構図です。

ここまでは良い。

第四章が衝撃です。
ジョナサンは神格化され、
フレッチャーは祭り上げられ、
カモメたちはなんと教条主義に陥り神学論争を始め、
「飛行の本質」は形骸化していくのです。
引用します。

→P148〜149 
〈しばらくは、真に飛ぶことを求めるカモメたちの黄金時代だった。
大勢のカモメが、いまや神聖な鳥とみなされる
ジョナサンと直接に接した弟子に近づこうと、
フレッチャーの元に集まった。
フレッチャーはジョナサンはわれわれと変わらないカモメだった、
われわれが学べることを同じように学んだだけだと話したが、
いくら言っても無駄だった。
彼らは終始フレッチャーを追いかけ、
ジョナサンがいったとおりの言葉、そのままの仕草について聞き、
あらゆる些細なことまで知りたがった。
彼らがつまらぬ知識を求めれば求めるほど、
フレッチャーは落ちつかない気持ちになった。
ひとたび、メッセージを学ぶ事に興味を持つと、
彼らは厄介な努力を、つまり訓練、高速飛行、自由、
空で輝くことなどを怠るようになっていった。そして、
ジョナサンの伝説のほうにややもすれば狂気じみた目を向けはじめた。
アイドルのファンクラブのように。
「フレッチャー先生」と彼らはたずねた。
「素晴らしきジョナサン様は
『われわれは〈まさしく〉偉大なカモメの思想の体現者である』
とおっしゃったのでしょうか。
それとも、
『われわれは〈まぎれもなく〉偉大なカモメの思想の体現者』と?
どちらでしょう」〉

、、、どうでしょう?
既視感がありませんか?
キリスト教の形骸化ももちろんそうですが、
「翻訳文化」の日本はあらゆる分野で、
これを繰り返しているように思います。
物事の本質を求めず、
物事の「形式」を模倣しはじめるのです。
最近読んだ本では最も衝撃的な本でした。
(1,075文字)



●言語が違えば、世界も違って見えるわけ

読了した日:2017年8月25日
読んだ方法: 図書館で借りる

著者: ガイ・ドイッチャー
出版年:2012年
出版社: インターシフト

リンク: http://amzn.asia/5DOQcLU

▼140文字ブリーフィング:

『イリアス』、『オデッセイア』の研究者である、
1,800年代に生きたグラッドストンという研究者の、
「彼らにとって海は本当に葡萄色だったのではないか」
「古代ギリシャ人の色彩感覚は現代人とは違っていたのではないか」
という仮説から著者の研究の旅は始まります。
問いの根幹は、
「世界が違って見えるから言語が違うのか」それとも、
「言語が違うから世界が違って見えるのか」
どちらなのだろうか、ということです。

グーグ・イミディル語という少数民族の言葉が興味深かったです。
彼らには「右、左、前、後ろ」という位置を相対的に現す言葉がありません。
「あなたの北に木がある」
「本のページを東のほうにめくって」と彼らは表現します。
彼らは「絶対的方向感覚」を持っているそうです。
目をつぶってぐるぐる回って地下室に連れて行っても、
どちらが北か言い当てることができる。
、、、それが分かっていないと生活できないからです。
「お母さんの北東にあるケチャップを取って、、、」
というのが日常会話ですから、北がどちらかわからないと、
会話が成立しないわけです。
彼らの絶対方向感覚は、
使っている言語と関係があります。
著者の結論は、私たちの「認知」は、
使う言語に影響を受ける、ということです。
(509文字)



●サンキュータツオの芸人の因数分解

読了した日:2017年8月26日
読んだ方法:Kindleで電子書籍購入

著者:サンキュータツオ
出版年:2012年
出版社:学研プラス

リンク: http://amzn.asia/5ofijzx

▼140文字ブリーフィング:

芸人のサンキュータツオさんが、
芸人の「ネタ」を素因数分解します。
たとえばこんな風に。

→位置No.291
〈ブラックマヨネーズのネタは、、、実は古典的だ。
でもそれが新鮮に映るのは二人のキャラクターの設定にある。
「ちょっと神経質な人」と「ちょっと大雑把な人」が、
次第に「かなり神経質な人」と「かなり大雑把な人」になる。
キッカケはささいな日常的な会話から、
気付いたらブラマヨ迷宮に入り込んでいるのだ。〉

グライスという人が「会話の公理」という四原則を提唱しています。
「量の公理」「質の公理」「関係性の公理」「様式の公理」
というのがそれですが、
この四原則を意図的に違反したときに笑いが起こる、
という分析が面白かったです。
グライスの本、図書館にはないので、
買おうかと試案しているほどです。
(334文字)




↓記事に関するご意見・ご感想・ご質問はこちらからお願いします↓

https://www.secure-cloud.jp/sf/1484051839NyovBkYI


このブログでは過去6ヶ月前の記事を紹介しています。
もっとも新しい記事が直接メールボックスに届く
無料メルマガに登録するにはこちらから↓↓


http://karashi.net/carrier/catalyst/jinnai/mailmag.html

この記事のトラックバックURL
トラックバック