カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

陣内が先週読んだ本 2017年8月第五週 『ロングテール』クリス・アンダーソン 他6冊

2018.02.22 Thursday

+++vol.028 2017年9月5日配信号+++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4 陣内が先週読んだ本 
期間:2017年8月第五週 8月27日〜9月2日
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先週私が読んだ本(読み終わった本)を紹介していきます。
一週間に一冊も本を読まない、
ということは、病気で文字が読めなかった数ヶ月を除くと、
ここ数年あまり記憶にないですから、
このコーナーは、当メルマガの
レギュラーコーナー的にしていきたいと思っています。
何も読まなかった、という週は、、、
まぁ、そのとき考えます笑。

ただ紹介するのも面白みがないので、
twitterに準じて、
140文字で「ブリーフィング」します。
「超要約」ですね。
(どうしても140字を超えちゃうこともあります。
 140文字はあくまで「努力目標」と捉えてください笑。)

忙しい皆さんになり代わって、
私が読んだ本の内容を圧縮して紹介できればと思います。
ここで紹介した本や著者、テーマなどについて、
Q&Aコーナーにて質問くださったりしたら、
とても嬉しいです。


●よく生きる

読了した日:2017年8月28日
読んだ方法: 図書館で借りる

著者: 岩田靖夫
出版年:2005年
出版社: ちくま新書

リンク: http://amzn.asia/1Jbp0nG

▼140文字ブリーフィング:

Q&Aコーナーで取り上げましたように、
岩田靖夫さんという著者については知りませんでしたが、
メルマガ読者の方からのメールで、
紹介していただいて手にとりました。
この本は東北大学の先生でもある著者が、
若い大学生を対象に語りかける、
という内容になっていて、構成は以下の通り。

【目次】
第一章 幸福
第二章 他者
第三章 神
第四章 社会

印象に残ったセンテンスをご紹介します。

→P127 
〈、、、他者はそういう意味では所与ではないのです。
他者は根源的な意味である、としか言えない。
その根源的な意味に向かって、
私たちはいろいろな文化的表現、自然の祝祭を行っている。
私は学生達によく冗談で言うんですけれども、
授業の間にですね、
「人間はいったい何のために生きているんだ」。
毎日学校へやってきて、
友達に「こんにちは」って言うために生きてるんだ、
というのが私の答えです。
そう、本当にそうなんです。
「こんにちは」「おはようございます」。
で、うちに帰ってお父さんやお母さんに
「おやすみなさい」って言うために生きている。
それが人間が生きている意味です。
挨拶することが嬉しくて生きているのです。私たちは。〉

著者はギリシャ哲学(ソクラテス、プラトン、アリストテレス)、
哲学者のインマニュエル・レヴィナス、
そして政治哲学者のジョン・ロールズという軸を持ちながら、
この本では「他者、社会、神、幸せ」というテーマで、
若い読者に優しく語りかけています。
(587文字)



●ギリシア哲学入門

読了した日:2017年8月28日
読んだ方法: 図書館で借りる

著者: 岩田靖夫
出版年:2011年
出版社: ちくま新書

リンク: http://amzn.asia/bDDTDBk

▼140文字ブリーフィング:

「よく生きる」と内容はかなり重なりますが、
こちらは「ギリシャ哲学」により重心が置かれています。
構成は以下の通り。

【目次】
第1章 哲学のはじめ
第2章 ポリス的生の成立とその限界
第3章 精神革命としてのソクラテス哲学
第4章 プラトンの『国家』における正義
第5章 アリストテレス政治思想の現代的意義
第6章 人はなぜ戦争をするのか
第7章 根源への還帰

西洋の人が書いたものを本当に理解したければ、
3つの基礎知識が不可欠だ、と佐藤優氏は指摘しています。
1.聖書
2.ギリシャ神話
3.ギリシャ哲学
です。
これにシェークスピアなどの文学を加えることもありますが、
「コルプス・クリスティアヌム(西洋キリスト教社会)」の、
「知的前提」となっているこれらに関する知識がなければ、
西洋の人が書いたものをきちんと理解することが出来ない。

日本人が何の説明もなく「徳川がさぁ、、、」とか、
「それは古事記の時代からの伝統だよね、、」
とかいうのと同じで、
西洋の人は何の説明もなく「ヨブの場合は、、、」とか、
「オイエディプス神話によれば、、、」とか、
「現代の労働はシュシポスのそれと同じだね、、、」
「それはプラトンのイデアに近いのだが、、、」
といった調子で話しを進めます。
私たち東洋人が好むと好まざるとに関わらず、
産業革命以降の「知のドミナンス」は西洋社会にありますから、
「聖書、ギリシャ神話、ギリシャ哲学に関する知識」
というのは、現代社会の知的営為の「前提」となります。
ここをスキップすると、そもそもスタート地点にも立てない。

ところが私も含めての話しですが、
聖書、ギリシャ神話、ギリシャ哲学に関する素養を、
きちんと持った日本人というのは多くはない。
私はクリスチャンなので聖書には精通しているつもりですが、
ギリシャ哲学やギリシャ神話の知識は体系的ではありません。
プラトンの「国家」も、
アリストテレスの「政治論」も読んだことがない。

岩田靖夫さんのこの本は、
ギリシャ哲学について無知な私のような読者にとって、、
おおまか地図を与えてくれる良書です。
(843文字)



●「ないがまま」で生きる

読了した日:2017年8月28日 飛ばし読み
読んだ方法:図書館で借りる

著者:玄侑宗久
出版年:2016年
出版社:SB新書

リンク: http://amzn.asia/hnqGVQc

▼140文字ブリーフィング:

仏教思想を超ポップに語るエッセイ集です。

【目次】
第一章 無分別
第二章 無為自然
第三章 無常
第四章 無限
第五章 無我
第六章 無心

スマップのヒット曲に代表されるように、
この20年ほど日本では「あるがまま」という言葉が好んで使われますが、
仏教のお坊さんである著者は、「そうじゃないんだ、ないがままなんだ」
という提案をしています。
「ある」がままというのはそもそも、
「西洋近代的自我」みたいなものを前提としていて、
仏教的にみればそれすらも「とらわれ」であると。
引用します。

→P21
〈「あるがまま」ではどの自己が肯定すべき自己なのか、
その迷いがどんどん深まって自縄自縛になるのに対し、
「ないがまま」ならもとより裸一貫、
その場で新たに自己を立ち上げるしかない。〉
(318文字)



●ロングテール

読了した日:2017年8月28日
読んだ方法: 図書館で借りる

著者: クリス・アンダーソン
出版年:2014年
出版社: ハヤカワ新書

リンク: http://amzn.asia/igKmu0g

▼140文字ブリーフィング:

この本はめちゃくちゃ面白かったです。
クリス・アンダーソンというこの本の著者は、
「ロングテール」という言葉の提唱者であり、
この本のあとに「FREE」という本を書き、
「インターネット時代のポスト貨幣経済」について「予言」している、
現代のビジネス界の「預言者」みたいな人です。

私は「FREE」を読んだことがありましたが、
こちらの「ロングテール」は未読でした。
ロングテールというのは直訳で「長い尻尾」です。

iTunesに存在するすべての曲を、
ダウンロード回数1位から最下位までを横軸に並べます。
縦軸に1位から最下位までの「ダウンロード回数」を取ります。
ちなみに現在iTunesでダウンロード可能な曲目数は、
3700万曲(!)あります。
マジか。

1位はたとえばジャスティン・ビーバーとか
レディ・ガガの新譜になります。
これは数百万とか数千万とか、億単位のダウンロード回数になります。
100位ぐらいにJ-POPの、例えば宇多田ヒカルとかが入るかも知れない。
これは数百万回とかのダウンロード数としましょう。
10,000位ぐらいになると数百とか数十ダウンロードになる。
グラフの形は、「ヘッド(頭)」がぐんと高くて、
「テール(尻尾)」がどこまでも続く、
「L字カーブ」になる。
スキーのジャンプ台を横から見たのを、
さらに急にした感じと言ったらいいでしょうか。
こういうグラフを「べき分布のグラフ」と言い、
本の売り上げからYouTubeの再生回数、
あらゆる単語の日常会話で使われる頻度まで、
世の中のいろんなことがこの「べき分布(ロングテール)」の、
法則に従うことが知られています。

この法則を別の言葉で表わしたものとしては、
20世紀までの経済学では、「パレートの法則」が有名です。
「2割8割の法則」というやつです。
「売り上げの8割は2割の製品が占める」というあれです。
iTunesだと、上位2割の曲目が、総ダウンロード数の8割を占める。
おそらく現実はもっと極端で、
「上位1%の製品が売り上げの半分を占める」ぐらいになっています。

、、、で、この話しはここで終わらない。
むしろここからが本題です。
20世紀までと21世紀からのマーケットの一番の違いは、
「在庫の物理的リミットの解除」です。
どういうことか。
「タワーレコード」ですと、
「棚」という物理的制約がありますから、
どう逆立ちしても、店舗における商品(CD)の数は、
数万〜数十万枚が上限だった。
先ほどのグラフを念頭に置きますと、
上位数%の数万枚を入荷して販売するのが、
経営としての「最適解」になります。
グラフの「長い尻尾」は切り捨てるのです。
しかし、インターネットの登場は事態を変えました。
「在庫という物理的制約」から解き放たれたMP3の音楽は、
論理上は無限に増やすことができる。
先ほども言ったようにiTunesの曲目数は3,700万曲で、
1億曲に届く日も来るでしょう。
尻尾が限りなくどこまでも続くのです。
だから「ロングテール」なのです。

クリス・アンダーソンが気付いた、
この尻尾の長いグラフの面白い点は、
どこまで尻尾のほうに下がっていっても、
ダウンロード数が「ゼロ」にならないことです。
第3,500万位の曲ですら、1年に1回とか2回売れている。
グラフを90度回転してみると、
なんと、3,000万曲のテールが年に1回から10回ダウンロードされることと、
レディ・ガガの新譜一曲が3億回ダウンロードされることによって、
もたらされる利益は同じか、
むしろ「テールの方が多い」という結果にすらなる。
いままで市場がまったく注目していなかった、
「年に1回しか売れないようなニッチな商品」が、
ちゃんと利益を生むぞ、ということに人々は気づきはじめた。

このような「ロングテール」を実践している企業が、
21世紀に勝ち残るであろう、と多くの人が指摘しているわけですが、
その先鞭をつけたのがクリス・アンダーソンです。
この「ロングテール効果」を実践している代表的な企業が、
Appleであり、Amazonであり、イーベイであり、
楽天であり、Googleで、YouTubeであり、
「全米古本屋ネットワーク」のような、
かつて存在しなかった業態なのだ、とアンダーソンは言います。

20世紀は10人が同じ1つの商品を欲しがりました。
21世紀になって、
ひとりが別々のひとつずつの商品を欲しがるようになりました。
「セルフカスタマイズ」というやつです。
さらにその先があります。
これからはおそらく、1人が10種類の側面をもつかのように、
消費行動をし始めるでしょう。
そのような世界で「ロングテール」を知らない、
もしくは軽く見ることは大きなハンディキャップになります。
たとえば日本の大手マスコミがYouTubeやNetflixに喰われるとしたら、
それは「ロングテール効果の軽視」が原因になるでしょう。
(勢い余って1,837文字)

▼参考リンク:「FREE」
http://amzn.asia/hKFJGfW

▼参考記事:陣内ブログ、「FREE」の話し
https://ameblo.jp/shunjinnai-kingdomcome/entry-12200030873.html



●日米同盟のリアリズム

読了した日:2017年8月31日
読んだ方法:Kindleで電子書籍購入

著者:小川和久
出版年:2017年
出版社:文春新書

リンク: http://amzn.asia/iymQI8z

▼140文字ブリーフィング:

右翼や保守の論客が、
「憲法9条を廃棄し、日米同盟を解消し、
 自主防衛によって誇りを持てる国に(キリッ)!」
みたいな威勢の良いことを言って拍手喝采されたりしている、
異様な光景をときどき見ますが、
それがどれだけ現実無視のファンタジーなのか、
ということがこの本を読むとよく分かります。
本当にいろいろと理由があるのですが、二つだけ理由を挙げます。
まずコスト面。

→位置No.101 
〈武田、武藤両教授は、「日米同盟のコスト」を、
(a)日米安保条約に基づき米国の防衛協力を維持するために日本が負担する直接費用
(b)在日米軍基地を提供することで失う利益を勘案した間接費用
 の合計と見積もっている。

(a)は接受国支援(いわゆる思いやり予算)や基地対策費などで4374億円。
(b)は米国基地が別のものに置き換わる経済効果などで1兆3284億円。
以上を足した約1兆7700億円が、日米同盟を維持するコストである
(2012年の現行価格。以下同じ)。

 次に、「自主防衛のコスト」を、
(c)新たな装備調達に必要な直接費用
(d)自主防衛によって失う利益を勘案した間接費用
 の合計と見積もる。
(c)は空母機動部隊や戦闘機の取得など4兆2069億円。
(d)は貿易縮小によるGDP縮小約7兆円や株・国債・為替の
価格下落約12兆円など19兆8250億円〜21兆3250億円。

以上の合計約24兆〜25兆5000億円が、
在日米軍がいない場合の自主防衛コストである。
ちなみに、この計算には自衛隊員の人件費は含まれていない。
後者の自主防衛コストから前者の日米同盟コストを引けば、
「日米同盟の解体コスト」が明らかになる。
これを計算すると、年に22兆2661億円〜23兆7661億円になるというのである。
日本だけの力で日米同盟があったときと同じようなレベルの
平和と安全を維持していくためには、
このように毎年約22兆〜24兆円もかかるのだ。〉

、、、日米同盟解消のコストはこのように毎年24兆円ですが、
これは現在の日本の年間のすべての税収の50%に相当します。
国家の収入に対するこの水準の防衛費の割合とういうのは、
北朝鮮などの軍事独裁政権をも上回ります。

次に、これはあまり報道されませんが、
第二次大戦の敗戦国であるドイツ、イタリア、日本の軍隊というのは、
「戦勝国との同盟なしに機能しないように細工されて」います。

→位置No.120 
〈日本の防衛力を形成する自衛隊の戦力構造は、
一般に錯覚されているものとは異なり、
自立できない構造になっている。
これはドイツも同じである。
第2次世界大戦後の再軍備の際、
米国が日独の戦力を自立できない構造に規制したのである。
日本は米国との同盟関係、
ドイツの場合はNATOとの同盟関係によってはじめて、
自国の安全を保つことができる形になった。
たとえはよくないが、人間の身体に置き換えれば、
外科手術で右足を切除され、義足を履かせてもらっていないのが
日本とドイツの軍事力の実態である。
そこにおいては米国と肩を組まなければ自由に歩くこともできない。
日本の場合、この軍事力の構造である限り、
仮に現在の10倍、100倍の防衛費を投入できたとしても、
海を渡って外国に侵攻することは逆立ちしてもできないのである。〉

、、、日本の自衛隊やドイツの軍隊というのは極端な話し、
ファミコンのカセットだけ持ってるのと同じで、
「本体」はアメリカやNATOが所有しています。
防衛費を10倍にふくらませてもカセットが10本になるだけで、
本体は作成できません。
同盟を解消し日本が「本体」に手をだす動きを見せれば、
日本全体を麻痺させることなどアメリカにとっては、
赤子の手をひねるより簡単です。

、、、こういった事実を踏まえずに、
「自主防衛で誇りを持てる国に!」とか言っている、
「自称・憂国の士」または「自称・愛国者」は、
本当に国益を大きく毀損するるデマゴーグ、
もしくは国家の安全保障と、
暴走族の縄張り争いとの区別がついていない、
「脳内が田舎のヤンキー」です。
いずれにせよ事実を踏まえない、
無責任な言説が幅を利かせるというのは、
あまり日本にとってプラスになりませんので、
「勢いの良いことを言っている自称愛国者」には用心しましょう。
(1,713文字)



●ケプラー予想

読了した日:2017年8月31日
読んだ方法:図書館で借りる

著者:ジョージ・G・スピロー
出版年:2005年
出版社:新潮文庫

リンク: http://amzn.asia/20B9yOQ

▼140文字ブリーフィング:

「ケプラー予想」とは別名、
「オレンジ問題」とも呼ばれる幾何学の問題です。
空間内で球体をもっとも密に詰め込もうとすると、
1つの球に12個の球が接する、
「八百屋がオレンジを積み上げるやり方」が最適だ、
という仮説をケプラーが立てたのですが、
この問題が「数学的に証明」されるのには
400年という歳月がかかりました。

→P8 
〈私がはじめてケプラー予想に出会ったのは1968年、
スイス連邦工科大学の1年生として数学を学んでいたときのことだった。
幾何学の教授がふとした話しのついでに、
「旧を最も密に空間に詰め込むには、
どの球のまわりにも12個の球が
接するようにすれば良いと考えられている」
と言ったのだ。
その教授は、はじめてこの予想を立てたのはケプラーであり、
フェルマーの有名な定理とともに、
最も古い数学の予想の一つだと教えてくれた。〉

この問題はヘールズという数学者によって、
1998年に証明されました。
、、、スーパーコンピュータを使って。
この証明はまったくエレガントではなく、
証明は電話帳何冊もの厚さにおよび、
それを「読める」人が世界に10人もいないぐらい長い。
一般に数学の証明というのはエレガントで美しいものなのですが、
この「ケプラー予想」の証明はそういった既成概念を打ち破る、
「力業」でした。
しかしこの問題を解く過程で使われる、、
「他変数をもつ系における最適解の調整」という数学の概念は、
経営、経済、政治、輸送など、
さまざまな分野で応用される大切なテーマです。
(619文字)




↓記事に関するご意見・ご感想・ご質問はこちらからお願いします↓

https://www.secure-cloud.jp/sf/1484051839NyovBkYI


このブログでは過去6ヶ月前の記事を紹介しています。
もっとも新しい記事が直接メールボックスに届く
無料メルマガに登録するにはこちらから↓↓


http://karashi.net/carrier/catalyst/jinnai/mailmag.html

この記事のトラックバックURL
トラックバック