カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

偏愛している家電について

2018.03.01 Thursday

+++vol.029 2017年9月12日配信号+++


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 今週のオープニングトーク
今週のメルマガは「省エネモード」です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

▼▼▼先日のメッセージ▼▼▼

メルマガ読者のみなさん、こんにちは。
朝夕が過ごしやすくなり、
日々をしのぎやすくなってきた近頃ですが、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

この前の日曜日は練馬グレースチャペルで、
「情報化社会における信仰者の生き方」というタイトルで、
メッセージさせていただきました。

本当は今日、
メッセージの要約をコーナーでやろうかと思ったのですが、
時間が取れなかったのでまたいつか要約します。
YouTubeの「FVIチャンネル」で、
アップロードできましたらまたお知らせします。

昨日の話の要点のひとつは、
「批判的な思考力を養う」ということと、
「複数の視点でものごとを観る」ということが、
とても大切だよ、ということでした。

(これは現在準備中の、11月3、4日に、
 FVI主催、ローザンヌ日本委員会後援の、
 「世にあって弟子とて生きる社会人のための週末合宿」、
 通称「よにでしセミナー」のメインテーマでもあります。
 このメルマガにも何度か登場し、
 今週はこの後もがっつり登場する、
 私の友人の土畠氏が関わっている、
 コミュニティヘルスケアリーダーシップ研修を、
 私が間接的に学んで「拝借」しました。
 「よにでしセミナー」は、社会人として、
 世の中に良い影響を与えていきたいという願いがある方なら、
 参加して絶対に損はない、充実したものになると確信しますので、
 興味がある、もしくは興味ありそうな人を知っている、
 という方がいたら是非私のほうにご一報を。
 メルマガ質問フォームからでも、
 FVIの問い合わせメールでも可。)

▼参考リンク:コミュニティヘルスケアリーダーシップ学科
http://medical-studio.jp/project/chl/

▼宣伝チラシ:「よにでしセミナー」
https://goo.gl/JbXmoN

、、、話しを戻します。
「情報化社会に信仰者がどのように生きるべきか」
という話しでしたね。

キリスト教の世界には「異端」といって、
「他のどの教会も知らない真理を私たちだけが知っている」
というようなロジックで近づいてきてセクトを形成し、
分裂を引き起こす動きが2000年前からありましたし、
今もありますし、これからもなくならないでしょう。

加えて現代は情報過多の時代です。
インターネット上の情報は編集を経ていませんから、
先鋭化しやすく「どこからどこまでが事実で、
どこからどこまでが主観的な解釈、あるいは意見」
なのか、その境界線が不明瞭です。

2016年の世界の流行語は「ポスト真実」でしたが、
今の世界はますます「事実」よりも、
「人が信じたい嘘」のほうが影響を持つようになってきており、
それは世界を非常に不安定なものにしています。
そのようななかで信仰者はどのように生きれば良いのか?
というのが9月10日のメッセージのテーマでした。

このような状況で最も「やってはいけない」のは、
「聖書以外の情報を遮断し、四方を壁で囲って、
 情報的に無菌的な純粋培養の信仰者を育てる」
という方向性で教会を守ろうとすることです。

この方策を採りますと皮肉なことに、
最もデマや異端やセクトに「免疫のない」、
非常に弱く情報の洪水に押し流されやすい信者が形成されます。
そもそも5歳の子どもでもスマホを触り、
理論的には世界中の公開情報を閲覧できる21世紀に、
「情報の無菌状態を作る」というのは、
「サティアン」を作って共同生活をしたオウム真理教のごとく、
上九一色村にでも閉じこもらない限り不可能です。

ではどうすれば良いのか。

それは「自分の頭で考える」という力を養い、
自分の中に「考えるための普遍的な軸」を形成する、
という一見遠回りに見える方法以外ありません。
、、、そのためにはどうすれば良いのか、
というのが昨日の話しの骨子でした。

ちょっと興味あるでしょ?
文字化するか、アップロードしたら、
お知らせしますのでお楽しみに。

、、、さらに今朝もメッセージしました。
場所は群馬県の万座温泉ホテルです。
FVIの3人のカタリスト(変革の触媒という意味)で、
毎年4回行っている定例合宿執行役員会議です。
10月末に総会がありますので、
そのための準備をしております。

今朝したメッセージは、
「宇宙大の福音」というタイトルです。
こちらは昨年9月に練馬グレースチャペルでしたものと同じなので、
興味のある方はこちらでご視聴いただけます。

▼参考動画:「宇宙大の福音」
https://youtu.be/azwfoByCkq4



▼▼▼質問カードはやります。▼▼▼

、、、というようなスケジュールでしたので、
なかなかメルマガ執筆時間が取れず、
今週も「省エネモード」でお送りします。
「週替わりコーナー」と、
「Q&Aコーナー」はお休みとさせていただきます。
、、、真に勝手ながら。

「このぐらいの量が読む側にとっても丁度良いのでは、、、、」
とも思ったりしますし笑。

というわけでオープニングトーク行きましょう。
「オープニングトーク」行って、
「先週読んだ本」行って、
「編集後記」。

楽!

やった!

というようなことを以前言っていたら、
妻に「じゃあ、やめちまいなさいよ(笑)」
と身も蓋もないことを言われました。

「大変だけど楽しいこと」ってあるんです。
「筋トレ」とか、「ジョギング」とか、
「激辛ラーメンを泣きながら食べる」とか、
「意識が飛ぶ寸前までサウナに入る」とか。

メルマガを毎週書く、という私の習慣もそういう類いかも。
ただ大変なだけでなく、そのプロセスは楽しいし、
自分の思考や文章のトレーニングには確実になっているので、
ウィンーウィンなのです。

ごたくはこの辺にして、
質問カードに行きましょう。
では、いつものように、引きます。

▼質問カード
「偏愛している家電は何かありますか?」

みなさんは、いかがでしょうか?

こういうとき、
「テレビ、冷蔵庫、洗濯機、DVDプレーヤー」などの、
一般的な電化製品の類いは、
あんまり出てこないですよね。
たいてい同じようなものを使っているから。
私の家のそういった家電類は、
2009年に買ったものがほとんどなので、
ほぼ全部「8年選手」です。
あと2年ぐらいしたら、
一斉にいろんなものが壊れるのではないかと、
今から心配しております。

、、、そんなことを考えながら、
あまり多くの家庭には置いてないかもだけど、
私は非常に気に入っていて、
思い入れがあり、かつ実用的にも優れているもの、、、
といったような条件で脳内検索をかけますと、
5つほどヒットしましたので順番に紹介していきます。


▼ネスプレッソ
https://goo.gl/7fLntM

こちらはコーヒーマシンです。
ジョージ・クルーニーが宣伝してたやつ。
カプセルでエスプレッソが作れます。
ミルクスチーマーもセットです。

これは思い出深い品でして、
2011年に私が妻と婚約したときに、
その記念のお祝いにと、北海道に住む友人が、
私に贈ってくれました。
たしかAmazonからこれが届いたとき、
ファミコンを買ってもらった30年前の小学生のように、
興奮して部屋を走り回ったのを覚えています。
まったく意表をつかれたので。
「マジでか!」と。

あれから6年経ちますが、
現在も素晴らしい働きをしてくれています。
私の小遣いは月1万円ですので、
カプセルを日常的に買うことは難しいのですが、
誕生日のプレゼントだったり、人から思いがけない、
「個人宛の」お金を頂いたときなどに、
1万円分ぐらいのカプセルを買って置いて、
必要に応じて使うようにしています。
一度に沢山注文すると送料が無料になりますから。

お客さんが来たときにカフェラテを出すこともできますし、
カプセルはひとつ75円ほどですので、
コンビニの100円のコーヒーよりも安く、
美味しいアイス/ホットコーヒーを飲むことができます。

結構気に入っているのが、
「スーパーカップ」などの安いバニラアイスを買ってきて、
ネスプレッソの「エスプレッソモード(高圧少量)」で作った、
夜の悪魔のように特濃のコーヒーを、
皿に載せたヴァニラアイスにかける、
というデザートです。

これは「アフォガード」と呼ばれる立派なデザートで、
「甘さと苦さ」「冷たさと熱さ」という、
二つのコントラストの「交点」を味わうという、
なんとも贅沢な気分にひたれる食べ物です。

これを考えた人はエライ。

▼参考画像:アフォガード(美味そう)
https://goo.gl/sRVCvj



▼バーミックス
http://amzn.asia/cv6Zq8k

これも人からのプレゼントです。
私の実の姉から、結婚のお祝いにいただきました。
姉は大学の家政学部を卒業した後に、
さらに調理師学校に行くほどの「料理好き」ですので、
調理器具などに詳しいのです。
こんな道具があるなんて、姉がプレゼントしてくれなかったら、
私は一生知ることはなかったでしょう。

このタイプのハンドミキサーは各メーカーが出していますが、
スイス製のこのバーミックスはその「元祖」です。
キルティングジャケットはいろんなメーカーが出しているけど、
そのルーツは英国の「LAVENHAM(ラベンハム)」にある、
みたいな話しです。

家電でもファッションでも「ルーツ」には一日の長があります。
ミキサーのことはよく分からんけど
(というかミキサーのことを「よく分かってる人」って、
 逆にどんな人なんでしょう?)、
とにかく使いやすいということは言えます。

だって、高いんだもの。
姉からもらったあと、
価格を調べて驚きました。
軽く3万オーバーです。

自分では絶対に買わない。

しかし、やはり良いものは良い。
スイスとかドイツとかデンマークとか、
あのあたりの「森のヨーロッパ人」たちの作るものって、
日本製品にはない、
がっしりとしたフォルム、
ずっしりとした重量、
一生壊れないんじゃないかという頑強さがあります。
質実剛健とはこのことです。

これで私はパンプキンの冷静スープを作ったり、
たこ焼きの生地を作ったり、
パンケーキの生地を混ぜたり、
妻が朝バナナジュースを作ったり、
マッシュポテトを作ったり、
お菓子の生地を混ぜたり、
さまざまな料理に生かしています。

マヨネーズと白ごまと酢と砂糖とニンニクを分量だけ入れて、
バーミックスすればスーパーより美味い、
「ごまドレッシング」ができますし、
あと、コーヒー豆をこれで「挽く」こともできます。
「できる奴」です。



▼Panasonicのバリカン
http://amzn.asia/b1m4eqw

これは毎月使っています。
鬱病療養中私は対人恐怖のため、
コンビニですら行くのに前日から緊張していましたから、
ヘアカットが家でできるというのは「救い」でした。

病気でなかったとしても、
私のような極度の人見知り人間にとって
美容院での雑談ほど「困る」ものはありません。
「クソどうでも良い話し」を振られても対応して疲れるし、
沈黙に耐えられず逆に自分から「仕掛けた」話しが、
「さほど盛り上がらなかった」場合、
「しまったぁぁあぁぁ!!」
「スベったぁぁぁあああぁぁ!」
「美容院来るんじゃなかったぁぁ!」
「10秒前の自分、死ね!」
「浅はかな会話を振った自分、死ね!」
と思うのです。

人見知りじゃない人には信じられない世界かもしれませんが。
「アメトーーク!」で、
人見知り代表のオードリー若林やバカリズムと、
人見知りじゃない人代表の千原せいじやフジモンの会話を聞いたとき、
「あぁ、俺だけじゃないんだ、
 世の中に極度の人見知りは」
と、救われた気持ちになったのを覚えています。

そんな私にとって、
Panasonicのバリカンで妻が散髪してくれるようになったことは、
本当に「福音」でした。
しかも美容師より上手だし。
同じ料金を払わなければならなかったとしても、
「美容師のカット」と、
「妻のPanasonic」の二択ならば、
迷わず後者をとります。

上手ですから。

このバリカンによってこの2年半、
私が節約した金額は、
下手すれば10万円近くなるのではないでしょうか。
一回3,000円以上するカットに、
年に10回ぐらい(?)行っていた過去は、
いったい何だったんだろう、と思っています。



▼Panasonicのひげそり
http://amzn.asia/a3GLlnr

Panasonic関係が続いてすみません。
ついでに「刈り取る関係」が続いてすみません。

このひげそりは、かれこれ10年近く愛用しています。
「同じものを10年」ではなく、
2、3年ぐらいごとに新しいものに替えながら。

刃を替えるよりも本体を買い換える方が安いという、
「あのパターン」です。
電池交換よりも時計自体の方が安いパターン。

、、、このひげそり、
なぜか今謎の爆安価格で販売されていまして、
Amazonで1,000円で買えます。

本当は2,500円ぐらいします。
このひげそりの何が良いかと言いますと、
単3電池で動くところです。
電池はこれもPanasonicの充電電池、
「エネループ」を使っているのですが、
一度フル充電しますと、毎朝使っても
1ヶ月充電しなくても動き続けます。

▼参考リンク:エネループ
http://amzn.asia/ds3WyfN

これは、出張の多い私にとってはありがたい。
出張先でひげそりの充電の心配は不要ですし、
万が一動かなくなってもコンビニで単3電池を買えば良い。
単3乾電池は海外でも容易に手に入りますので、
海外でもシェーバーの不安はゼロです。
1ヶ月以内なら充電の心配すら不要ですし。

小さく軽いので持ち運びも楽ですし。
旅人にやさしいシェーバーです。
これは世界のどこにいても同じように、
シームレスに使える「安いけど凄い奴」です。

あと番外編として、
Panasonicの(またかい!)、
鼻毛カッターも愛用しています。

▼参考リンク:エチケットカッター
http://amzn.asia/hvZp7lE

人前に出ることもある仕事ですので、
鼻毛カッターは役立ちます。
こいつも単3電池で動きます。

人前で話している人の鼻から、
「ずどん」と鼻毛が出ていたら、
内容が頭に入ってこないだろうな、
というぐらいの想像力が私にもあるのです。

なんか、さっきから書きながら気付きましたが、
私はPanasonicに、
「毛を刈る」というすべてを託しているのですね。
Panasonicがつぶれたら私の身体の、
ありとあらゆる毛がボーボーになるので、
私が文化的な人間であり続けるためにも、
Panasonicにはがんばって欲しいと思います。
(何なんだこの結論。)



▼Xperia Z3
http://amzn.asia/dtzn1rP

最後は愛用しているタブレットです。
Amazonでは価格が高騰していますが、
私が買ったときは、アンダー5万円でした。
iPadminiよりちょっと安いぐらいです。

先代の「Nexus7」が壊れてから、
こちらをかれこれ1年半ほど使っています。
すこぶる快適です。

私はスマホを所有していませんので、
LINEとかMessengerとか、
出先でのメールチェックとか、
Googleマップで行き先確認とか、
乗り換え案内とか、
出先でのGoogleカレンダーチェックとか、
そういった、
「スマホ所持者がスマホでする、
通話以外のすべてのこと」はすべてこれでやっており、
格安SIMカード(月額980円)で運用しています。

あと、移動中にAmazonプライムの動画を観るときも、
これで観ています。
通信容量が格安SIMの場合1ギガバイト(少な!)とかなので、
家やスタバなどでダウンロードしておいて、
それで観るようにしています。

私はEvernoteのヘビーユーザーですが、
パソコンとタブレットでのEvernoteの同期は、
最高に快適で、これのない生活はもはや想像出来ません。

パソコンで記録した読書ログを、
出先でタブレットで確認したり、
パソコンでクリッピングしたレシピを、
タブレットで閲覧しながら料理を作ったり、
パソコンで毎朝記録しているデボーションノートを、
出先で復習して思い出したり、
というのが具体的な使い方です。

それからこのタブレットは音も良いので、
ラジオやオーディオとしても使っています。
YouTubeで講演会を聞いたり、
Radicoでラジオを聞いたり、
SDカードに入っている音楽をスピーカーにつないで聞いたり。
そんな感じで。

あと、出張先ではこのタブレットは私の聖書になります。
Kindleに新改訳聖書とNIV聖書が入っていますので、
出先での毎朝のデボーションはこれでやります。
教会にいくときも、「絶対に脚注が要るような学びをする」
と分かっているとき以外はKindle内の聖書で充分です。
荷物が1キロ近く減りますので非常に助かりますね。

ここで私が言っているすべてのことはスマホでもできますので、
まぁ、要するにスマホの機能のことを言っているのです。
ひとことで言えばスマホは、「出先に部屋を持ち出すデバイス」
なのだということに気付きます。

ただ、7インチタブレットって絶妙に良いですよ。
サイズ感が。
動画を観ていても「ちまちま」していないし、
逆に電車でiPadプロで動画観ると、
隣の席の人に丸見えすぎて恥ずかしいんですよね。
かといってスマホを横にして観るのは、
観れなくはないけど目が悪くなりそう、、、
というトレードオフの丁度引き合うところが、
7インチタブレットなのではないかと私は思うわけです。

まぁスマホ持ったことないから良くわからんけど笑。

、、、という、
今日はそんな話しでした。
皆さんの偏愛家電には、
どんなものがあるんでしょう。
今度よかったら教えてください。
「刈り取る系」を中心に笑。

きっと7インチタブレットに、
「毛を刈る機能」がついたら、
私は家電何も要らなくなるなこれは。




↓記事に関するご意見・ご感想・ご質問はこちらからお願いします↓

https://www.secure-cloud.jp/sf/1484051839NyovBkYI


このブログでは過去6ヶ月前の記事を紹介しています。
もっとも新しい記事が直接メールボックスに届く
無料メルマガに登録するにはこちらから↓↓


http://karashi.net/carrier/catalyst/jinnai/mailmag.html

この記事のトラックバックURL
トラックバック