カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

読者募集中!

2018.05.24 Thursday

+++vol.041 2017年12月5日配信号+++


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 今週のオープニングトーク
続・陣内からのお知らせ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

▼▼▼読者登録クラウドファンディング▼▼▼

先週、「このメルマガ、終わります」という告知をしました。
正確には「シーズン1」が終わるのであって、
恒久的な最終回ではありません。
しかし、vol.50を最終回としてシーズン1は一端終わります。

時期としたらあと10回なので2ヶ月半ですから、
2月中旬ぐらいが最終回になる感じでしょうか。
、、、で「シーズン2」は、
「読者登録クラウドファンディング」をしまして、
ある一定数の読者登録数に達し次第、スタートします。

テレビは「みんなのメディア」、
ネットは「俺たちのメディア」、
ラジオやメルマガは「私のメディア」です。
「私のメディア」であるメルマガは、
あんまり他者に宣伝したいと思わないのです。
(私も、自分の聞いているラジオや読んでいるメルマガを、
 知り合いに敢えて紹介したりしません。
 ひとりでこっそり楽しむのが至福なのです。)

、、、しかし、しかしです!

まったく拡がらないのは、それはそれで問題ですし、
「FVI」と「陣内俊を支える会」の広報活動も
兼ねているこのメルマガが広がって行かないと、
私は近未来に経済的な理由で、
「廃業」しなければならなくなるやもしれません笑。

いや、マジで。

そのときはそのときで、
そういう「導き」なのでしょうから、
40歳を過ぎて就職活動をするだけです。
10年前からそのぐらいの覚悟は出来ています。
でもやっぱり、自分がこういう活動形態だからこそ、
出来てきたことがあり、これからも出来ることがあり、
そして私だからこそ出来る働きというのが、
この世にはあると(大胆にも)思っているので、
どうか皆様のご理解と応援のほどを、よろしくお願いします。

、、、というわけで、
「読者クラウドファンディング」、
もう始まっています。

なんと、先週のメルマガを配信してから立て続けに、
6名の新規登録者がありました。
これは多分先週のメルマガを読んだ方が、
「早くシーズン2を読みたい」と思って下さり、
早速隣人に紹介してくださったのかなぁ、
とポジティブに推察しております。

いいですねー、良い流れです。

どうか皆様、引き続き広報活動にご協力、
よろしくお願いします。
ご自身で運営しているホームページなどに、
リンクを貼るのも「フリー」ですから、
許可を取る必要もないので、
どんどんバナーを貼っちゃってください。
(ご一報だけいただけたらなお嬉しいです。)



▼▼▼「読むラジサロン」再告知と、12月の目白押し企画▼▼▼

これも先週のメルマガで告知したことですが、
しばらく再告知させてください。
(先週の再録です)

来年1月(2月?)ぐらいを目途に、
「読むラジサロン」を始めたいと思っています。
まだ具体的なところは詰めていませんが、
メルマガ読者を対象に、「Evernote上のサロン」を開催したいのです。
期間限定の会員制(無料)で。

無料ですが、サロン入会条件として、
「陣内俊を支える会」もしくはFVI「声なき者の友」の輪に、
過去1年に、何らかの形で1円でも献金してくださったことのある人、
という条件をつけさせていただきます。
これはお金を儲けたいからではなくて、
「私の働きに、具体的な形を伴って賛同している」
というひとつの基準として設けさせていただきます。

、、、細かいことはあと10回のメルマガで徐々にお知らせしますが、
1.5名以下の少人数制
2.Evernoteチャット機能を使って様々な分かち合いをする
3.内容は「信仰・政治・経済・職業・読書・人生の悩み・馬鹿話」など各種。
4.目的は「学習する共同体」の生成
5.主旨は、参加者の「社会に役立つ人」としての、
 学びと生き方を深めることの相互扶助
6.期間は(今のところ)2ヶ月を1クールとする
7.原則実名での参加とするが、
 職業、年齢、性別などの基本情報の開示と、
 ペンネームでの参加も認める。
8.参加は強制はなく、途中退会はいつでもできる。
 (逆に途中参加はできない)

というような感じで考えています。
メルマガでは書けないような読書メモを公開したり、
他のサロン会員の一押し本をみんなで読んだり、
ある政治的なテーマについて語り合ったり、
その背景にある思想的な裏付けを一緒に調べたり、
信仰の上での悩みや葛藤を分かち合い祈りあったり、
自分の仕事や家庭での「次の一歩」を、
一緒に考えたり、もしかしたら「オフ会」をしたり、
そんな「私塾」のような場所にしたいと考えております。

サロンについてのご質問も目下、受け付けています。
「質問フォーム」からお寄せ下さい。

、、、あと、最後に、
12月は二つの「特別企画」を予定しています。
それは、、、

1.陣内が読んだ本「年間ベスト10」2017年版

本メルマガのレギュラーコーナー、
「陣内が先週読んだ本」で紹介した、
(たぶん)300冊ぐらいの本のなかから、
「ベスト10」を発表し、解説を加えます。
300冊の頂点が決まります。
永久保存版です。

1週目は10位〜6位まで、
2週目は5位〜1位まで、
という感じで2週にまたがってお送りします。
お楽しみに!


2.陣内が観た映画「年間ベスト10」2017年版

月に一度のお楽しみ、「陣内が先月観た映画」は、
春頃に始まり、100本近くの映画を紹介してきました。
そのなかから「ベスト10」を発表し、解説を加えます。
読んだ本ベスト10と同じで、
1週目は10〜6位まで、
2週目は5〜1位までを発表します。

100本以上のなかの頂点(当社比)が決まる、
注目の企画。こちらも永久保存版です。

、、、本にしても映画にしても、
私は普段、あまり点数を付けたり、
ランキングしたりするのは好みでありません。
(ランキングすると、本当は面白い、
 こぼれてしまうニッチを取り逃しますから)

ですから、この企画は年に一回きりしかしません。
12月の特別企画、再来週から始まります。
どうぞお楽しみに!!



↓記事に関するご意見・ご感想・ご質問はこちらからお願いします↓

https://www.secure-cloud.jp/sf/1484051839NyovBkYI


このブログでは過去6ヶ月前の記事を紹介しています。
もっとも新しい記事が直接メールボックスに届く
無料メルマガに登録するにはこちらから↓↓


http://karashi.net/carrier/catalyst/jinnai/mailmag.html

この記事のトラックバックURL
トラックバック