カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

三度の飯より●●

2018.12.31 Monday

+++vol.054 2018年8月28日配信号+++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 今週のオープニングトーク
今週も「質問カード」です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

▼▼▼三度の飯より、、、▼▼▼

今回は(というか最近毎回ですが)、
文字数が逼迫しているので、
さっそく行きます。

▼質問:「三度の飯より●●」。
    あなたにとって●●とは?

この質問は難しいですねぇ。
そもそも、「三度の飯より●●」というときそれは、
あくまで仮定の話です。

本当に三度の飯が食えなくなったら、
三度の飯よりも大切なものなどないのです。
これは心理学者のアブラハム・マズローが、
「五段階欲求説」で看破しています。
「低次の欲求が満たされるまでは、
 高次の欲求へと人は向かわない」と。

、、という理屈は置いておくとして、
あくまでレトリック、つまり「言葉のあや」として、
三度の飯よりも大切かもしれない、
と思うような、自分にとって大切なものは何か?

皆さんはいかがでしょう?

これはね、私はもう決まってるのです。

それは「睡眠」です。

私にとって睡眠より大切なものは、
あまりなんじゃないかと言うぐらい、
睡眠を大切にしています。

病気になってから、
これはもう確信に近いのですが、
私という人間にとって、
一番大切なのは「長い睡眠」です。
「睡眠負債」とか言われる前から、
もう私はずっとそうなのです。

私は環境が許す限り、
毎日8時間〜9時間、
長いときは10時間とか11時間寝ます。
うつ病療養を経て、
その前後を比べると、
1時間〜2時間ほど、睡眠時間が長くなりました。

これは、たぶん、「体が変わった」のだと思います。
大きな病気をすると、
その後にがくっと体力が落ちることがありますが、
私の脳は大きな病気をしましたので、
「脳の体力」ががくっと落ちたのです。

私がここで言う「脳の体力」とはつまり、
「一回の睡眠によって回復した思考力が、
 持続する時間と、それが回復するまでに要する、
 睡眠時間の長さ」という風に定義したいと思います。

そうしますと、私の場合、
普通の一日の場合、
朝の時点で「10」あった思考力が、
午前中にもう「5」ぐらい使い尽くされ、
そして午後はさらに「4」ぐらい使うので、
夜はもう「1」ぐらいしか残っていない。

うつ病になる前は、
朝「15〜20」ぐらいあった感じですね。
なので夜になってもまだ何かを考える余裕があった。

今はそんな感じなので、
夜は何も考えない、
もしくは本を2時間ぐらい読んだ後、
9時台には布団を引いて寝る用意をします。
テレビなんていっさい観ません。
そもそも最近のテレビは絶望的につまらないですし。
テレビより寝るほうが絶対大事ですから。

たくさん寝て思考力を回復しなければ、
私の脳は使い物になりませんから。
「寝るのは仕事のうち」なのです。

本当に私はテレビを見ません。
お笑い番組は全部録画して、
見識のために「勉強」しています。
誇りをもって言いますが、
私はお笑い知識人ですから笑。
お笑いの見識で他者に負けるわけにはいかない。
それは恥ずかしいことです。

よってテレビは私は、
アクティブ・ウォッチング(能動的視聴)はしますが、
パッシブウォッチング(受動的視聴)は、「ゼロ」です。
そんな時間の無駄をするぐらいなら、

寝ます。

圧倒的に、寝ます。

「睡眠は金(きん)」なのです。
「勉強は銀」です。

それほどに私は睡眠を大切にしています。
これは、体質ということもありますから、
万人にお勧めするようなものではないですが。

「運動は金」という人もいれば、
「食欲は金」という人もいるでしょう。
「テレビは金」という人もいるかもしれないし、
「おしゃべりは金」という人もいるでしょう。

大切なのは、
何が一番、自分の回復にとって必要なのかということを、
よーく知ることです。
2年間の療養の大きな収穫の一つは、
「自分は睡眠が一番大事なのだ」
と深く知ったことでしょう。
どんな高価な薬よりも、
私にとっては睡眠が最善の万能薬なのです。

万能薬とは、中国の谷底深くに眠る燕の巣や、
深海に眠るという幻の一角獣の角から作るのではありません。
また、シリコンバレーのマネーで作られた、
巨大な宇宙基地のような医療研究所の研究から作られるのでもない。

「最強の万能薬」は、
自分で見つけるものなのです。

私の場合それを見つけるのに、
愚かにも37年の年月と、
2年間の生死の境をさまよう闘病を必要としました。

もっと簡単に見つける人もいますが、
私以上に苦労して見つける人も多いです。
それほど「自分の身体」って、
分かったようで分からないものなのですね。

そりゃそうです。

人間の身体は、70兆個の細胞と、
100兆個以上と言われる微生物が共生する、
いわば「小宇宙」なのですから、
探索には一生という時間がかかるのです。

しかも悪いことに、
今の時代は「情報過多」ですから、
健康に関する情報が、気が遠くなるほど数多くあふれています。
健康に関する情報収集を本気ですると、
副作用でノイローゼになります。

ある本は「納豆を食べればすべて解決!」
と言い、あるサイトは「納豆は絶対食べるな!」
という。
ある医者は「牛乳は万能食」といい、
あるヨガ講師は「牛乳は絶対に口にするな」という。
「3時間睡眠でぴんぴんしています」という医者がいるかと思えば、
毎日8〜11時間は寝ますね、というメルマガ著者もいる(笑)。

もうね。
「健康に関する正解」を追いかけるのは、
健康のために辞めた方がいいですよ、
と私はアドバイスしたい。

いや、マジで。

それよりも、
自分の身体に耳を澄ました方が良い。
身体は正直ですから、
「打てば響く」のです。
スマホやテレビや雑誌やインターネットにあふれる、
いろんなノイズが邪魔になって聞こえないだけで、
ちゃんと耳をすませば、身体は語ってくれるのです。

何を食べたときに調子が良いのか。
どれぐらい運動したら翌週どれぐらい疲れ、
その翌週どれぐらい超回復しているのか。
酒はどれぐらい飲んだら良いのか。
ある種の友達と談笑したあとは気分も体調も良いのに、
ある種の人と会話をした日は、夜にぐったり疲れるのはなぜか。
人の悪口を言った後は、なぜ気分だけでなく体調も悪くなるのか。
日光を浴びると睡眠の質はどう変わるか?
いろんなことを面倒がらずにしゃきしゃきと身体を動かすと、
どれぐらい体調は上向くのか。

身体に対して何か「コール」をすると、
身体はちゃんと「レスポンス」してくれています。
それに従うと、「自分にとっての最強の万能薬」が何か分かる。

ある人は年に一回の旅行かもしれない。
ある人はボーナスの後の買い物かもしれない。
ある人は逆に、買い物をやめることかもしれない。
ある人は適度な飲酒かもしれないし、
ある人は酒を完全にやめることかもしれない。
ある人はジョギングかもしれないし、
ある人はゆっくり近所を歩くことかもしれない。
ある人はテレビゲームを死ぬほどすることかもしれないし、
ある人はゲーム機を捨てて太陽の下運動することかもしれない。

全員、違うのです。

「定型的な健康法」は疑った方が良い。

自分の身体が一番正直です。

「イタリアの小さな離島では100歳以上の人口が世界最高」
ということで、それが論文になったことがあります。
彼らの食生活を調べた結果、
大量のオリーブオイルとか、
赤ワインとか、
クスクスとかを食べていた。
ということは、
そういった「地中海食」というのが、
どうやら長寿の秘訣らしい!
と世界の様々なメディアが報じました。
日本でもいまだに地中海食が
長寿の秘訣と紹介されることがあります。

しかし、この話しには、
「アフターストーリー(後日談)」がある。
その後の詳細な調査研究の結果、
二つの「盲点」が明らかになりました。

ひとつめは、地中海の人々が、
オリーブオイルなどによって健康なのは、
彼らの「腸内細菌叢」とセットなのであって、
もし日本人やアメリカ人のような、
彼らとまったく違う腸内細菌叢を持つ人が食べても、
「同じものを食べたことにはならない」のです。
これが、身体が小宇宙である、
ということの意味です。
「複雑系では入力と出力の因果関係が分からなくなる」というのは、
「ブラジルで蝶が羽ばたくとテキサスで竜巻が起きる」
というメタファーで有名ですが、
人体もまた複雑系なので、
あさはかな「ああすればこうなる」
という機械論的なアプローチが多くの場合間違います。

もうひとつは、
その地中海の島は、
ギリシャ正教のしきたりで、
年に何度か断食をするという習慣があります。
じつは長生きの秘訣はオリーブ油とかワインではなく、
この「断食」なのではないか、ということを言う学者が現れまして、
今はそちらのほうがどうやら本当なようだ、
と支持する人が多くなっています。

しかし、これは「拡散」しません。
メディアがそれを報道しないからです。

なぜか?

断食は「売れない」からです。
お金にならない。
オリーブ油やカッテージチーズやワインは売れます。
お金になる。
だからスポンサーが付くので、
雑誌やテレビやメディアで取り上げられる。
しかし、断食が流行しても、
だれも儲かりません。
だからこの調査研究は報道されません。

健康に関する情報というのは、
ことほどさように、
かなり歪められていると考えた方が良いでしょう。

そんなものを収集するよりは、
テレビを消し、ネットを遮断し、
「情報断食」をして、
自分の身体に耳を澄ます訓練をしたほうが、
1000倍健康に良いのです。

、、、


、、、


、、、


、、、


っていうか、
なんだこの「健康メルマガ」!!!!!

こんな話しをするつもりではなかったのですが、、、。

今日のレッスン:
「三度の飯より○○」
の質問への答というのは、
あなたにとっての「最強の万能薬」を見つける、
ヒントになる質問かもしれない。


あなたの○○は何ですか?

この記事のトラックバックURL
トラックバック