カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

コーヒーに合う食べ物

2019.05.14 Tuesday

+++vol.073 2019年1月8日配信号+++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 今週のオープニングトーク
質問カード
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

▼▼▼コーヒーに一番合うと思う食べ物▼▼▼

メルマガ読者の皆様、こんにちは。
新しい年、2019年が始まり、
1週間が経ちました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

「フリーランス」は、
世間と違う生活リズムで生きていますので、
わりと通常と変わらない生活をしていたりするのですが、
世間の「空気」みたいなものは感じますので、
正月にはちょっとゆるやかな気分になりますし、
正月明けは「よし、やるぞ」みたいな気分になります。

多くの皆様は、
仕事も始まり、
さて、今年もやりますか、
みたいなモードになってきたところなのかな、
と拝察いたします。

、、、というわけで、
通常通り、今日も「質問カード」
いってみましょう!

▼質問:
コーヒーに一番合うと思う食べ物は何ですか?


今日の質問は「小ぶり」ですね。
他愛もない質問です。
この質問、実は私のオリジナルではなく、
私の大好きなラジオ番組、
『東京ポッド許可局』で、
おじさん芸人3人がこれを楽しそうに話してて、
「俺もその話題入りたい!」
と思い、衝動的に質問カードにぶち込んだわけです。

、、、さて。

コーヒーに一番合う食べ物。

、、、


、、、


、、、


さほど思いつかないっていうね(爆死)。


、、、


やはり、芸人のトーク力はすげーな、
と再認識しました。

しかし、勇気を振り絞って、
ベスト3を敢えて発表したいと思います。

▼▼▼第3位:ティムタム

ティムタムは、
最近語ったばかりですね。
たしか「好きな輸入お菓子」
という質問のときに。

ティムタムは、
「カルディ」などに売ってる、
オーストラリアのお菓子です。

▼参考画像:ティムタム
https://goo.gl/AETjUK

、、これの両端をかじって、
ストローみたいにしてコーヒーを吸い上げ、
そして食べる、みたいな、
裏技的食べ方もあります。

確かに、中がどろどろになって美味いですが、
まぁ、普通に食べますね笑。
普通に美味いです。

濃いめのコーヒーが良いですね。
めっちゃくちゃ甘いものと、
めちゃくちゃ苦いものの組み合わせは最高です。

冷たいモノと熱いモノの組み合わせ
(アップルパイとアイスクリーム等)もそうですが、
逆のものの組み合わせというのは、
振り幅が大きい方が美味い。

ティムタムは、規格が海外基準といいますか、
日本のお行儀の良いお菓子メーカーならば、
通常やらないような砂糖の量をぶち込んでると思うんですよね、多分。
コーヒーに合うのはむしろ、
そういう「振り切った甘さ」かもしれないですね。



▼▼▼第2位:スタバのチョコレートチャンククッキー

、、、こちらも「外資系」です。
「日本より海外のほうが美味いもの」ってあります。
逆ももちろんたくさんありますが。

私はその代表は「クッキー」だと思っています。
特にアメリカにおけるクッキーは、
「まったく別物」です。
「みちのくプロレス」と「WWE」のように違います。
「ジ・アルフィー」と「エアロスミス」ほど違います。
アーノルドシュワルツェネッガーと、
なかやまきんに君ぐらい違います。

日本のクッキーは「お茶うけ」というか、
「バイプレイヤー」ですが、
アメリカのクッキーは「主役を張れ」ますから。
だって、近所のお母さんたちが、
各々クッキーを焼いて集まる、
「クッキーパーティ」とかあったりしますから。
完全にメイン扱いです。

本当に。

日本の「小さくさくさくしたクッキー」ではなく、
もっとデカくて、ねっとりとしていて、
がっしりとしていて、
口に入れた瞬間、
脳内麻薬がどばどば出てくるような、
ふんだんに使われたバターと砂糖の濃度が、
脳天を直撃するような、、、
そういうクッキーに日本で出会えるのは、
スタバかコストコだけです。

「カントリーマァム」なんて、
何かの冗談みたいですから。
アメリカのマジのクッキーの、
あの小さめのフリスビーぐらいのサイズ感に比べれば、
大きさは「サンプラー(試供品)」ですし、
中身もスカスカ、パサパサです。

▼参考画像:スタバのチョコチップクッキー
https://goo.gl/Sb8ke5

、、、こういう、ねっとりとしたクッキーに、
いつか日本が出会う日が来るのでしょうか?
「シェイクシャックのハンバーガー」とか、
「ビルズのパンケーキ」みたいに、
いつか「謎のブーム」が起こり、
アメリカンスタンダードのクッキーが、
日本に定着したら、私は個人的に嬉しいです。


▼▼▼第1位:「パーラー江古田」のビスコッティ

一位はこれです。
私は「自分へのご褒美」としてときどきこれを買います。

▼参考画像:「パーラー江古田」のビスコッティ
https://goo.gl/8L3UTh


、、、パーラー江古田というのは、
「パン好き」の人には全国区で有名な、
江古田にあるパン屋さんです。
現在岩手県在住の、
同じ教会の友人のげんちゃんに教えて貰ってから、
私も知るようになりました。

通っている教会から現在徒歩2分のところにあるので、
いつでも行けるには行けるのですが、
わりと高価格なため、私が行くのは年に何回か、
「お使い物」として、
誰かに手土産を買うときぐらいですかね。

、、、そのときに私は、
自分のためにこの「3本150円」の、
ビスコッティを買います。
つまり1本50円する。
けっこう高いんです。

でも、これが他にない感じで美味い。

イタリアの本場ビスコッティが、
本当にこんなに固いのかどうか分かりませんが、
パーラー江古田のビスコッティは、
とにかくめっちゃくちゃ固いです。

硬度でいうと、
ちょうどダイヤモンドと同じぐらいじゃないでしょうか笑。

食えたもんじゃない固さなんですよ笑。
真正面から勝負を挑むと、歯が折れる。
しかし、何かしらの液体にひたすと、
不思議なことに「ちょうど良い固さ」になります。
で、赤ワインかコーヒーが抜群に合います。

これをコーヒーに浸し、
かじりながらコーヒーを飲む。
中にはナッツやドライフルーツがたっぷり入っていて、
全粒粉を使った生地は香りに深みがあります。
至福の時間です。

、、、ナイスコーヒー(copyright東京ポッド許可局)!

この記事のトラックバックURL
トラックバック