カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

【Q】やる気のない同僚をどう指導すれば良いのか?

2019.06.01 Saturday

+++vol.075 2019年1月22日配信号+++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2 Q&Aコーナー

皆さんからお寄せ頂いた質問にお答えするコーナーです。

日頃の悩み、疑問、今更誰かに聞けないギモン、、、、
質問の種類は問いません。お気兼ねなくご質問をお寄せください。
ご利用は下記に基づいてご利用いただけると幸いです。

【Q&Aについて】
▼全てのご質問にお答えすることはできません。予めご了承ください
▼いただいたご質問は、ブログ・FVIメディアルームに掲載される可能性があります
▼本名での投稿の場合は「ペンネーム:無し」となります
▼必ず下記フォームからご質問を送信ください

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【Q&Aコーナー専用フォーム】

▼URL
https://www.secure-cloud.jp/sf/1484051839NyovBkYI

※大変お手数ですが一つの1メール1質問を原則とさせてください。
ご協力宜しく御願い致します。

※頂いたメールはすべて目を通しております。
陣内俊への要望やメルマガの感想、激励などももちろん大歓迎です!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

●【Q】やる気のない同僚をどのように指導すれば良いか?

ラジオネーム:指導するのって難しい(男性)
お住まいの地域:埼玉県

Q.

いつも読むラジオ楽しみにしています。
同じ部署の20代の女性に対して、
どの様に仕事を教えたら良いのか悩んでいます。
入社5年目の女性なのですが、
仕事に対する姿勢がどんどん悪くなっているように感じています。

経理の仕事なので、
ちょっと以前の資料を確認すれば分かるような事でも、
自分で考えたり、調べたりすることが面倒くさいようで、
Google で検索するような感じで私に質問してきます。
(答えだけ教えて的な感じ)

また、仕事が少し忙しくなった時に、
泣いてしまいました。
忙しくと言っても、定時には帰れます。
1つ仕事をお願いすれば、電話対応、
お客対応など、すべて無視します。
なので、仕事をお願いすると、
他の仕事が私のところきます。

私は、この女性の上司ではありません。ただの同僚です。

仕事に対してモチベーションもなく、
調べる事も考える事も嫌いな、
仕事を面倒くさいと思っている人に、
どの様に指導すれば良いのか教えてください。


A.

めちゃくちゃ久しぶりに、
「Q&Aコーナー」です!!!!

当メルマガの人気コーナー(当社比)なのですが、
この数ヶ月、ウソみたいに質問が来なかったので、
このコーナーはお休みしておりました。

、、、で久しぶりに来た質問が、
上の質問です。
「指導するのって難しい」さん、
ご質問、ありがとうございます。

この質問を読んで、
私は考えました。


、、、


、、、


、、、


、、、


まったく、良い回答が思い浮かばない(爆死)。

そんで、もう一度読み返してみて、
明確に腹が立ってきました。
質問者の「指導するのって難しい」さんにではなく、
登場する20代の同僚に対して。

もうね、これは、
「良い対処の仕方を知っている人がいたら、
 誰か教えて下さい。」
と私は言いたい。
「Q&Aコーナー」ならぬ、
「Q&Qコーナー」ですね。
質問を質問で返すという笑。

私の限られた経験から申しますと、
件の20代の女性社員は、
今後、変わることはないんじゃないでしょうか?

こういう人って、
社会にある一定数でいます。
会社や組織からすると「お荷物」に他ならず、
「フリーライダー(貢献せず旨みだけを取る人)」です。
キツイ言い方をすれば、
「会社(組織)から給与を盗んでいる」
と言っても過言ではない。

私がもし質問者様の立場だったら、
何回かキツめの説教をして当人を泣かしてるでしょうね。
それでも5年経って変わらないのだから、
ある時点で諦めるでしょうね。
3年目に突入したところで私なら諦めてると思います。

そして、その人を同僚だと思うと腹が立つけど、
職場に飾ってあるサボテンだと思うようにすれば、
「サボテンの割には良くやってくれてるじゃないか」
という気持ちになってきます。

私は30才まで公務員をしていました。
公務員というのは、
「そういった人」が、
多分民間の会社の倍ぐらいいる感じです。
民間だと全体の1割ぐらいが「そういった人」で、
公務員だと2割が「そういった人」です。

この差はどこから生まれるかというと、
日本における公務員の、
「圧倒的なまでの解雇できなさ」によります。
民間ならとっくに首になる人が、
のうのうと生き残れる職場が公務員なのです。
納税している市民に、
いつも「申し訳ない」と思ってました。
「こんな奴の給料のために税金払ってるんじゃねぇ!」
と私が市民なら思いますから。

もうね、信じられない職員に、
私も遭遇してきました。

「マジでいい加減にしろよ」と、
ガチで泣かせたことも何度もありました。
(私は仕事のことで怒るとき、
 マジで留保なしに怖いです。
 それは「愛のなさ」ではなく、
 「愛があるから」だと思ってます。
 だってそれが、その人たちの将来のためなのですから。
 愛を甘さと勘違いしている人があまりに多い。)

叱った結果、
「そういった人たち」からは、
完膚なきまでに恨まれましたが、
上司からは後で、
「陣内君、ありがとな。
 今どきそこまで怒れるヤツが、
 いないんだよな、、。」
と耳打ちされました。


、、、経験的に、
「そういった人」には二種類います。

1パターン目は、
まだ新人で、いわゆる「学生気分が抜けていない」
というやつで、社会経験がないため、
「人からお金を貰って仕事をする」
ということがどういうことか理解していないパターンです。
そういう人は叱ったら変わるし、
3年後には立派な社会人になり、
後輩の学生気分の奴をちゃんと叱れるようになる。

もう一種類の「そういった人」は、
もう30代や40代に突入していて、
社会人経験も5年以上が経過したにもかかわらず、
確信犯的に面倒な仕事を避け、
できる限り楽をし、
なるべく責任を回避し、
そして「権利だけは最大限に要求」します。

そういった手合いに関して私は、
「人間ではなく観賞用のサボテンだと思う」
という以外の解決策を知りません。

あと、「サボテン」に仕事をさせるための、
「ちょっとしたコツ」があります。
それは「サボテンに仕事をお願いするようにお願いする」ことです。
その人が「判断や責任をする」といった部分はいっさい期待せず、
手取り足取り指示するのです。

たとえばそれが「ご飯の食べ方」ならば、
1.箸を右手で持つ
2.ご飯を掴む。
3.ご飯を見る。
4.見たまま口に運ぶ。
5.ご飯を口にのこし箸を元に戻す。
6.15〜30回噛む。
7.呑み込む。
という感じで指示します。

たいてい3分後に、
「喉が渇いたときはどうすれば良いんですかぁ〜?」
という(仕事でいうとそういう意味の)、
寝ぼけた質問が帰ってきますが、
そのときは、
「このクソガキがぁ!!
 水を飲め水を!
 死ねぇ!!」
と心の中で思うわけですが、
「違う。サボテンが聞いてるんだ。」
と思い直しましょう。

「うん。
 そういうときは、水を飲むんだよ。」
じゃあ、水の飲み方のマニュアルを教えるね。
1.水道のところに行く。
2.コップに水を入れる。
3.コップの水を口に近づける。
4.呑み込む。
5.ご飯に戻る。
という感じで教えてあげます。

、、、職場というのはチームですから、
「そういった人」のマイナスを如何に最小化するか、
というのが非常に大切になります。
「そういった人」に、
判断や責任などの複雑な案件の「パス」をすると、
それまで積み上げたモノが台無しになりかねない。

つまり、Aさん、Bさん、Cさん、
プラス「そういった人」の4人で仕事をしているとき、
A×B×C×「0」になってしまうのを防ぐのが大切です。
「そういった人」は「0」ですから、
「掛け算」の中に入れてはいけない。

あくまで「足し算」にする必要があります。
つまり、
A×B×C+「0」にする必要がある。

その「+」にするために必要なのが、
その人をもはや「同僚」とは思わず、
「サボテンにしては良くやってくれてる何か」と思うことです。
そうすると、0が、0.1になったときに喜べるかもしれない。


、、、今の時代は「空前の人手不足」ですので、
そういった人ですら、やめて貰うと困る、
というのが経営者や同僚の苦しいところでしょう。
後ろ向きな回答で申し訳ないのですが、
本人に、「成長したい、会社に貢献したい」
という意志がない限り、外部から変えることは不能です。
マイナスを最小化する、
という角度から挑むしかないでしょう。

それにしても、そういった人と仕事をするのは辛いですよね。
「なんで俺はあの人と同じ給料なのだ」
と思いたくなることでしょう。
あと、視界に入るだけでモチベーションが下がる、
という意味でも腹が立つことでしょう。
質問者様の心中をお察しすると、心が痛みます。
飲み会で小一時間、愚痴を聞いてあげたいぐらいです。


、、、念のため付言しますと、
ここまで申し上げたことは、
あくまで「勤務時間中」のことです。
勤務時間外には「そういった人」もまた、
同じ人間であり「サボテン」ではないので、
ちゃんと優しくしてあげましょう。

「そういった人」って、
職場以外では人気者だったりしますしね。
「男はつらいよの寅さん」とか、
「釣りバカ日誌のハマちゃん」
みたいなみたいなものでしょうか。

ただ、昭和時代と違って、
ハマちゃんを会社にいつまでも置いておけるほど、
社会全体にコスト的な余裕がなくなってきているんですよね。
本当に、質問者様の心中をお察しします。

ご参考に。


この記事のトラックバックURL
トラックバック