カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

一番よく使うアプリ

2019.07.31 Wednesday

第083号   2019年3月19日配信号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 今週のオープニングトーク
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

▼▼▼よく使うアプリ▼▼▼

メルマガ読者の皆様、こんにちは。
早速今週も、「質問カード」から行ってみましょう。

▼質問
「一番よく使うアプリは?」


、、、この質問は、
「スマホ」を前提にした質問ですね。
私はガラケー派なので、
本来この質問、自分とは関係ないのですが、
7インチタブレットを持っていまして、
そちらで使うアプリならば答えることが出来ます。

ガチで答えると「メールアプリ」と、
「Google Chrome」と、
「Googleカレンダー」が、
一位になるに決まってるのですが、
それはあまりにも「無粋」ですので笑、
これらは枠から外しましょう。

あと、LINEとかFacebookメッセンジャーなどの、
SNSがらみのアプリも、
一応外すことにしましょう。
正直私は、ごく少数の人と行う、
Evernoteのチャットなどのやりとりをのぞき、
これらもほとんど使ってないですが。
「なるべく人とつながりたくない」ので笑。

タモリは携帯電話すら所有してないそうですが、
たぶん私と同じ理由です。
私のような「思索型」の人間にとって、
「通知」は有害な病原菌と同じで、
生産性を著しく妨げる要因なので、
生活からシャットアウトしたほうが良いのです。

あ、あと、音楽再生アプリとか、
Amazonプライムも一応「なし」にしときましょう。
「当然使ってる」という「殿堂入り」扱いで。

前置きが長くなりましたが、
いつものように3つご紹介します。


▼▼▼3位:カウントダウンタイマー

これは、毎日何度も使います。
マジでめちゃくちゃ便利です。
スマホ持ってない人はキッチンタイマーでも良いです。

私がこれをどう使うかというと、
おもに朝と午前中ですね。
朝は、デボーションと祈りのために使います。
朝のルーティーンになってますね。
コーヒーを入れて机に座り、
・10分間計って祈る(祈るテーマはEvernoteから任意にチョイス)
・15分計って聖書を一章読み、デボーションする。
・だいたい2〜4分時間が余るので、
 その時間は「聖書の暗記」をする。
 (この3年で150箇所ぐらい暗記しました)

デボーションが終わると、
「通勤時間がゼロ」のフリーランスの私は、
仕事が始まります。

私の仕事は「30分単位」です。
タイマーで30分計って、
その「ひと単位にひとつの作業」を集中的に行います。
各種執筆・メール返信・メッセージ準備・資料の読み込み・
動画の撮影・動画の編集・ブログなどのアップロード、、、
などなど、様々な仕事があるのですが、
それらを30分やったらトイレ休憩をとって、
次の30分、と言う風に、
30分をぐるぐる回します。

作業の内容が3種類ぐらいのときはどうするか?

A→B→C→A→B、、、
と、ぐるぐるまわすのです。

2種類のときも同じです。

A→B→A→B、、、です。

これの良いところは、
作業の種類によって脳の使う部位が違うので、
同じ作業を90分とかするよりも、
なんか「上手く脳を使えている」感じがするのと、
タイマーの30分という、ちょうど良い短さが緊張感を与え、
集中力の中だるみがなくなることです。

、、、という話しを先日、
あるメルマガ読者の方と話していたら、
それは「ポモドールテクニック」というのだと教えてもらいました。
私は経験的に、この10年をかけて辿り着いた、
テクニックだったのですが、
それは実はライフハックのテクニックとして確立されていたわけです。
自分の試行錯誤があながち間違いでなかった、
と太鼓判を押されたようで嬉しかったです。

フリーランスとかで、
集中して作業がはかどらなくて困っている人は、
試してみる価値があるかもしれません。

オススメです。

▼参考リンク:ポモドールテクニック
https://goo.gl/AEDUcN


▼▼▼2位:YouTube

次はYouTubeアプリですね。
30分測ると、
「執筆と読み込み」を除けばほとんどの場合、
私はYouTubeアプリを開いて、
ラジオ代わりに動画を再生して聞きます。

正確には、聞き流します。

世の中で一番ラジオを聞いているのは、
アニメーターとか漫画化なんじゃないかと、
私は密かに思っている。
ああいった「半自動的な手作業」が多い業種は、
耳はお留守になりますから、
その時間に音楽とか聞くのもいいのだけど、
耳から情報を取り込むのが一番効率的です。

なかには本を読む以上に収穫があるやつもありますから。

私のYouTube放送も、
そんな動画のひとつとなったらいいなぁ、
と願っています。

ちなみに私が良く聞くのは、
・カトちゃんという人の筋トレラジオ
・芸人のコアラ小嵐の筋トレラジオ
・東京ポッド許可局
・三四郎のオールナイトニッポン
・東浩紀と津田大介の対談
・佐藤優のラジオ
・岡田斗司夫の岡田斗司夫ゼミ
このあたりですね。


▼▼▼1位:Evernote

一位はダントツでEvernoteです。
Evernoteなしに、
私の生活はもはや成り立たないレベルになっています。
ノートの数は7,000を超えていて、
読書メモ、
観た映画のメモ、
デボーション、
祈りの記録、
YouTube放送の構想、
レシピ、
名刺の写真、
質問カード、
暗唱聖句、
筋トレのメニューと記録、
などなど、
生活のあらゆることが、
Evernoteによって記録されていて、
もはや私は脳内の記憶回路を、
9割方「外部化」しています。

有名な「知的生産の技術」という本を書いた、
梅棹さんという人は、
「メモを取るのは覚えておくためではない。
 忘れるためにメモするんだ」
という名言を残しています。

メモをすれば覚える必要がなくなるので、
空いたスペースで「考える」ことが出来るのです。

Evernoteは私にとって理想のメモアプリです。
マジで倒産しそうになったら、
けっこうな額を寄付してもいいと思っています。
(上限はそんなに多くないけど)
自分も寄付をして、
寄付運動(署名活動)など、なんでもします。

コンビニが24時間営業しなくてもまったく困りませんが、
Evernoteが倒産したらマジで困りますので。


▼▼▼番外編:

最後に番外編を。
ランキングから漏れたけど、
どうしても言及しておきたいやつを。

まずは「ラジコ」ですね。
先ほど挙げた、
三四郎のオールナイトニッポンと、
東京ポッド許可局は、
ほとんどの場合YouTubeに「法的にグレーに」、
アップロードされたやつでなく、
ラジコで合法的に聴きます。
不満の多いアプリですが、
まぁ、ないよりは便利です。

「GoogleKeep」
これ、使ってる人少ない気がしますが、
かなり優秀なアプリです。
「Evernoteでノートを作るほどではないが、
覚えておきたいこと」をメモするのにちょうど良い。
「電子版ポストイット」と考えたらいいでしょう。

「Kindle」。
私はもうかれこれ7年ぐらい使っている、
Kindle PaperWhiteを所有していますので、
電子書籍はほとんどこれで読むのですが、
タブレットのKindleアプリで読むこともときどきあります。
特に、「プライム特典読み放題」の本って、
ペイパーホワイトだと探しにくいんですよね。
反応速度が遅くて。
なのでそれらの本はこれで読みます。
なんか、行列を待ってるときとか、
5分ぐらいバスに乗るときとかは、
タブレットのKindleアプリで読むことが多いかな。

、、、というわけで、
よく使うアプリの話しでした。

終わり。


この記事のトラックバックURL
トラックバック