カテゴリー

検索

便利な「検索」機能の使い方

上の検索バーに、「vol.○○」あるいは、「●年●月●日配信号」などと入力していただきますと、カテゴリ別だけでなく配信号ごとにお読みいただけます。

また、ブログ記事のアップロードは時系列で逐次していきますが、「カテゴリ別」表示をしますと、「Q&Aコーナー」だけを読む、あるいは「先月観た映画」のコーナーだけを読む、などの読み方が可能です。

スマートフォン

この他の活動媒体

●9年間続くブログです。↓
陣内俊 Prayer Letter ONLINE

●支援者の方々への紙媒体の活動報告のPDF版はこちらです↓
「陣内俊Prayer Letter」 PDF版

納豆を食べる数

2019.11.25 Monday

第98号   2019年7月2日配信号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1 今週のオープニングトーク
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

▼▼▼納豆の数▼▼▼

メルマガ読者の皆様、こんにちは。
フィリピンにおります。
14時半(日本時間15時半)の飛行機に乗り、
成田に到着するのが20時ごろなので、
いつもは夕方配信のメルマガを、
昼過ぎに配信しております。
離陸しちゃうともう配信できないので。

フィリピンの話しは編集後記でするとして、
いつものように質問カード、行ってみましょう!

▼質問:
年間、納豆を何個ぐらい食べますか?


、、、でました。
くだらない質問!
なんでこんな質問を思いついたのか、
自分でも分かりません笑。

こんなの、どうやって広げればいいんだよ、
って思いますよね。
でも、果敢に挑んでみましょう。

365個、っていう人もいるでしょうね。
毎朝必ず食べる、っていう。

私の場合は、
そうですねぇ。
月に一〜二個ぐらいかな。
平均すると。

だから年間24個。
少ないですね笑。

ヤバい。

終わっちゃった(爆死)。

しかし、質問カードは、
ここからが勝負です。
自称・質問カードのプロなので、
ここから頑張ります笑。

納豆、2日に一回、
あるいはほぼ毎日ぐらい食べていた頃もあったのに、
なんでこんなに減っちゃったのか、
自分でも分かりません。
食生活というのは変遷するものなのです。

数年周期で、
パンをけっこう食べる時期があったり、
納豆をけっこう食べる時期があったり、
パスタをけっこう食べる時期があったり、、、
とかって、皆さんはありませんか?

私はあります。

納豆の食べ方ですが、
白米と一緒に食べる、
という王道はひとまず置くとして、
邪道の食べ方について、三つ語りたいと思います。

はい。

そうです。

今、私は無理くり話しを広げてます笑。

▼▼▼納豆マヨネーズトースト

これは大学時代に一時期ハマりました。
食パンに、タレを入れてかき混ぜた納豆を載せ、
均等に広げます。
その上に、マヨネーズをかけます。
お好み焼きにかけるみたいにして。

それをトースターで焼くだけ。

これがけっこうイケるんですよね。
マジで。
納豆の臭みが減るので、
思ったのの2倍ぐらい食べやすいです。

あー、ほんとだ。

思ってたよりマズくない!

ってなりますから笑。

少なくとも私は、
かなり美味い部類の食べ物だと思ってます。
ぜんぜんゲテモノじゃないですよ。
予算は100円以下で済みますし、
調理時間も2分ぐらいですし、
大学生の朝ご飯にはオススメです。


▼▼▼納豆そうめん

そうめんとかひやむぎを食べる時、
めんつゆに何を入れるか、
っていうのは永遠の問題ですよね。

刻んだネギ。
ショウガorわさび。
天かす。
白ごま。
みょうが。

いろんなオプションがあるわけですが、
私はネギとわさびです。
ネギがなければわさびオンリーでもOK。

でも、後半飽きてくるじゃないですか。
そうなったときの「味変(あじへん)」って、
けっこう大事だと思うのですよね。
ひつまぶしでいう、
出汁を投入する時期ということです。
先発ピッチャーで7回まで粘ったが、
いつ中継ぎ→抑えを投入するか、
という問題が出てくるわけです。

もちろん硬派に「先発で完投」は潔いのですが、
私はけっこう「味変」したいタイプです。
ひつまぶしの発祥地・愛知県出身だからかもしれませんが。

そこで出てくるのが納豆です。
これ、知ったのは案外最近で、
友人の家に泊まった時に、
冷やした蕎麦でこれを友人がやっていて、
思いの外美味かったので、
それ以来やるようになりました。

やり方は簡単。
タレを入れた納豆に、
さらに生卵を入れてかき混ぜます。

それをめんつゆに投入するだけ。
後半戦で中継ぎ的にやっても良いし、
最初からぶち込むのもありです。

これがめちゃくちゃイケるので、
是非お試しあれ。


▼▼▼納豆&サッポロ一番

最後は、サッポロ一番に、
納豆を投入するという、
陣内家に古くから伝わる食べ方です。
あれはまだ私が小学校高学年か中学生ぐらいの、
ある土曜日の昼下がりのことでした。
まだ存命だった父が、
「美味い食べ物を発見した!」
と騒いでいるではありませんか。

何ごとかと思い食卓に行くと、
袋に入ったインスタントの塩ラーメンに、
納豆を入れただけ。

見た目、最悪。

マジか、コイツ。

と、わが父ながら思いましたね。
私の父は昭和の男のご多分にもれず、
台所に立つのは年に2分ぐらいだったんじゃないでしょうか。
米すらも炊けたのかどうか疑わしい。

そんな父が、
さもラーメンを小麦粉から作り、
出汁を取り、
大豆に納豆菌を入れて納豆を作り、
遂に完成した!

みたいなトーンで自慢してきたのは、
見るに堪えないほど醜い、
インスタント×インスタントな代物でした。

わが父をかなり見下し、
十戒の戒めのどれか二つぐらいを公然と破りながら、
中学生の私は、
鼻で笑って、
「マジで大げさだし。
 興奮するほどじゃないでしょ。」
と言ったかどうか忘れましたが、
かなり馬鹿にした態度で、
そのどんぶりを観たのを記憶しています。

父は、「まぁ、食ってみろ」

私はバカにしながら半笑いで食べました。

「ん??」

「マズくない」

「いや、むしろ美味いぞ!」

、、、


、、、


、、、

「なんだ、この食感!
 新しい感覚!
 新しいハーモニー!」


、、、


、、、


「なんというコンビネーション!!
 ラーメン界の、
 カール・マローン&ジョン・ストックトンやぁぁあ!!」

、、、


、、、


と、
心の中では思ったのですが、
一旦見下してる手前、
私は言いました。

「お、おう。
 まぁまぁイケるね。」

大学生になって、
頻繁にこれを作って食べたのは、
言うまでもありません。

この10年ぐらい、
そもそも袋に入ったインスタントラーメンを
食べる習慣がなくなったので、
なかなかやる機会はないのですが、
あれは美味いんです。
特に、塩ラーメンでやるのがオススメです。


、、、というわけで、
納豆の話しを、
今日は無理矢理、広げました。
では、本編に行ってみましょう!

この記事のトラックバックURL
トラックバック